西村京太郎の名言 一覧

このエントリーをはてなブックマークに追加

西村京太郎のプロフィール

西村京太郎、にしむら・きょうたろう。日本の小説家、ミステリー作家。東京出身。東京都立電機工業学校(のちの東京都立産業技術高等専門学校)卒業後、臨時人事委員会(のちの人事院)に就職。11年勤務したのちトラック運転手、私立探偵などを経て作家になる。数多くの名作ミステリー小説を生み出した。

鉄道の旅は、周りの情景が目に浮かんできて、いろいろな人がいることに気づかせてくれる。


小説を書き始めた頃、小さな鈍行に乗って山陰に向かったんだ。松本清張さんの『点と線』が売れていて、「これなら簡単だ。自分でも書ける」と思ったけど、考えが甘かった。原稿が上手く書けなくて落ち込んでいたとき、ボックスシートで地元のおばちゃんがミカンをくれた。それで不思議と気が晴れた。


人名ランダムピックアップ


経営・ビジネス・投資・仕事・お金・経済的な分野で成功を収めた人たちの名言を収録しています。

ページの先頭へ