西本甲介の名言 一覧

このエントリーをはてなブックマークに追加

西本甲介のプロフィール

西本甲介、にしもと・こうすけ。日本の経営者。「メイテック」会長。愛知県出身。愛知県立大学外国語学部英米学科卒業後、カネボウ化粧品を経てメイテックに入社。社長室長、人事部長、専務取締役などを経て社長に就任。そのほか経団連理事、日本エンジニアリングアウトソーシング協会代表理事などを務めた。

リーマンショック後、受注は激減し、赤字に転落しました。固定費を引き下げていたこともあり、雇用に手をつけることなく乗り切ることができました。


経営者は時に、過去の積み重ねや成功体験を断ち切るような決断を下す必要がある。


席を残したままではつい口を出してしまう。それでは会社の将来にとってよくありません。
【覚え書き|会長を退いた後の発言】


プロの経営者としての価値を高めるには、未経験の分野に挑戦しなければ。


次の世代を信じて経営を任せる。そのためにも、きれいさっぱり身を引こう。


人材ビジネスの基本は、企業と人材の双方にとって最適な組み合わせを提供すること。


経営の自由度がいかに重要かは、私自身が経験したことでもあります。96年、創業者である関口房朗社長を解任せざるを得ないという出来事がありましたが、結果としてそれが過去のしがらみを断ち切ることとなりました。私が思い切った構造改革に踏み切れたのもそのためです。


人名ランダムピックアップ


経営・ビジネス・投資・仕事・お金・経済的な分野で成功を収めた人たちの名言を収録しています。

ページの先頭へ