西山敷の名言 一覧

このエントリーをはてなブックマークに追加

西山敷のプロフィール

西山敷、にしやま・ひろし。日本の経営者。「ダイシン百貨店」社長。東京出身。工学院大学建築学科卒業後、建設会社、長崎屋を経て商業建築計画研究所(のちの株式会社商業建設)を設立。クライアントの「ダイシン百貨店」に請われ取締役に就任。その後社長に就任し、経営危機のダイシン百貨店をV字回復させた。著書に『下町百貨店ダイシンは、なぜ不況に強いのか』。

お客様との交流の中で、その変化に絶えず目を向けていくことが大切。


私は、社員に直接教育するつもりはありません。人材は毎日自分が店舗に顔を出し、親父のように背中を見せることで育っていくと思っているからです。


私がお客様に提供したいのは商品だけではありません。モノだけではなくコト、つまり心地いい空間や楽しい時間を生み出していきたい。


イベントそのものは赤字でも、お客様がダイシンを一層愛してくださることで、長い目で見ると利益に繋がるのです。


私は毎日の業務として、自分で店舗に顔を出すようにしています。イベントや店での挨拶でお客様に経営者である私の顔が見えればダイシン百貨店への親しみが生まれます。訪れるとホッと安心するような店づくりは、こういったところから行っていくべきだと思っています。


商品をやり取りする上で、お客様と私たちは川を挟んで対岸に立っているような状態です。ですが私はその川を渡って、お客様の傍に行きたい。お客様の立場で考えることの大切さを忘れないようにしたい。


人名ランダムピックアップ


経営・ビジネス・投資・仕事・お金・経済的な分野で成功を収めた人たちの名言を収録しています。

ページの先頭へ