藤間秋男の名言 一覧

このエントリーをはてなブックマークに追加

藤間秋男のプロフィール

藤間秋男、とうま・あきお。日本のコンサルタント、会計士、経営者。TOMAコンサルタンツグループ代表。慶應義塾大学商学部卒業後、公認会計士2次試験に合格し大手監査法人に入社。その後独立し、藤間公認会計士中小企業診断士税理士事務所を開設。同社を育て経営、財務、財務、人事などの総合コンサルティング会社へと成長させた。著書に『法人税節税チェックポイント62』『手にとるように税金用語がわかる本』『会社と社員が元気になる実践経営計画』『税金のことがよくわかる早引き事典』ほか。

私はよく、「打つ手は無限」といっています。悩んでいる人は、現状改善のために「できることは全部やったか」と考えてみてください。


企業の経営アドバイスなどを行なうなかで、近ごろは閉塞感に悩んでいる人がじつに多い、ということに気づきます。理由の一つに、会社が夢を語っていないことがあると思います。「こういう会社にしよう」と経営陣が口にすることで、社員も目標を持てるようになります。目標を持つことができれば、毎日の仕事は楽しくなるでしょう。


いまの仕事を「天職」にするべく、努力することができるはずなのです。仕事を極めると、その仕事は天職になると私は考えます。そう信じる、思い込むことが大事なのです。「ここは自分の居場所ではない」と青くみえる隣の芝生に移っても、そこでまた不満が出てくるでしょう。


失敗の原因を考え、反省することは必要です。でも、ひとしきり頭のなかで反省したら、次のやるべきことを考えましょう。過去をすっぱり忘れて前向きになることが大切です。


他人を変えることは難しいですが、自分は変わることができるはずです。自分が変われば、周りも変わっていくという効果もあります。たとえば、職場の雰囲気をよくしたいと思ったら、すぐにでも簡単にできる方法としてお勧めしているのが、相手に感謝することです。「ありがとう」とは「有り難い」ということ。当たり前と思わず、意識的に感謝することで、相手の粗を探すのでなく、よいところを探す心持ちに変わるはずです。


「会社が悪い」「社会が悪い」と自分以外の何かを責めてグチをこぼしても、そこからは何も生まれません。夢とは逆に、不満は口にしないほうがいい。口にしても現状は何も変わらないのですから。代わりに、現状をよくするべく次の手を考えるべきだと思います。


「世界で一番『ありがとう』を集める」というのが、TOMAコンサルタンツグループの夢です。「明るく・元気・前向き」の経営理念に基づき、目先の利益だけを考えず、クライアントから信頼されることを第一に考えて仕事に励んできました。お客様の笑顔がみえると、自然に「仕事が楽しい」と感じるのです。


人名ランダムピックアップ


経営・ビジネス・投資・仕事・お金・経済的な分野で成功を収めた人たちの名言を収録しています。

ページの先頭へ