藤崎一郎の名言 一覧

このエントリーをはてなブックマークに追加

藤崎一郎のプロフィール

藤崎一郎、ふじさき・いちろう。日本の外交官。駐米大使。鹿児島県生まれ、神奈川県育ち。慶應義塾大学経済学部在学中に外務公務員I種試験合格。外務省に入省。米国ブラウン大学、スタンフォード大学に留学。在インドネシア大使館三等書記官、OECD代表部一等書記官、大蔵省主計局主計官補佐、情報調査局安全保障政策室長、情報調査局分析課長、経済局国際エネルギー課長、在英国日本国大使館参事官兼ロンドン総領事、外務大臣官房参事官、外務大臣官房在外公館課長、外務大臣官房会計課長、アジア局外務参事官、在アメリカ合衆国日本国大使館公使(政務担当)、北米局長、外務審議官、ジュネーブ国際機関日本政府代表部特命全権大使、在アメリカ合衆国特命全権大使などを歴任した。そのほか日米協会会長、世界貿易センター東京副会長などを務めた。

人と人のつながりで欠かせない視点、それは「あまり短期で考えるな」ということです。


40年以上の外交官生活の半分は霞が関、半分は在外公館でした。振り返って思うのは、結局外交は人と人のつながりだということです。


国内、国外のいい仲間たちと一緒に働いたこと。それが私の財産です。


政府の役人同士であれば、お互いにそれぞれの国益を背負っています。でも決して相手をミスリードせず、できる範囲で相手のことも考えて行動していれば、自然と信頼関係は築かれていくものです。個人的信頼関係があるか否かで情報交換も交渉も、決定的に違ってきます。


外国の要人や交渉相手と信頼関係を築こうという場合、結局1対1の関係が大事になります。パーティーなどで交際範囲を広めることは大事です。しかし、その中でこれはという相手とは、1対1ないし双方の奥さんも交えた会合を重ねていくことで友達になるのです。休日などによくお互いの家や町の喫茶店でビールを飲みながら話し込んだものです。


駐米大使時代、米国務省への外務省の若手職員の派遣が始まりました。大使館に挨拶に来た職員に言いました。「君はこの2年間この大使館に来てもいけないし、ここの職員と食事してもいけない。情報なんて一切よこしてはいけない。それより米国の役人はどう物事を考えるのかを見ること、そして米政府の中に友達がいるようにする。それが一番意味があることだよ」と。


人名ランダムピックアップ


経営・ビジネス・投資・仕事・お金・経済的な分野で成功を収めた人たちの名言を収録しています。

ページの先頭へ