藤原秀次郎の名言 一覧

このエントリーをはてなブックマークに追加

藤原秀次郎のプロフィール

藤原秀次郎、ふじわら・ひでじろう。日本の経営者。カジュアル衣料の「しまむら」社長。慶応義塾大学卒業後、しまむらに入社。その後、社長に就任し、コスト改革と在庫管理でしまむらを急成長させた。

余計なものは全部省けばいいんだ!
【覚え書き|コストダウンの秘訣を聞かれたときの返答】


もし変化のないままだったら、しまむらはすでに脱落していたかもしれません。


会社はまず社員の幸せのためにある。


経営者は新しいことに挑戦する覚悟ができるかどうか。それに尽きる。


社員が面白く働ける会社でなければ意味がない。社員が泣くような営業をするのならしないほうがいい。


努力が当たる場合も当たらない場合もある。物事には何でもリスクがありますから。しかし、リスクをとって挑戦しないことはもっと悪い。何もしないことが一番悪い。


従来は商品を集めてくる問屋と付き合えばよかった。しかし、いまは自身でリスクをはってつくるデザイン力のある問屋、デザインメーカーでなければ取引する意味がない。


私が社員に言うのは「会社を自分のものだと考えてくれ」と。つまり、社員全員が当事者意識を持って仕事に取り組めば、会社はよくなるし業績も上がる。


優秀な人間が下を引っ張って、組織全体の底上げを図る必要がある。今の公立の小学校のようにできない方に基準を合わせていくのでは会社は成り立ちません。


千人のリーダーになる人もいれば、十人のリーダーが向いている人もいる。極端な話、適性でリーダーになれない人もいるわけです。でも、私はそれでいいと思う。千人を束ねるリーダーだけがスポットライトを浴びるというのはあまり良くないと思いますね。


人には良いところもあれば、悪いところもあるでしょう。しかし、悪いところを見てもキリが無いので、良いところを見てその人に最適な部署を見つけていく。それが上司の仕事。


ユニクロさんと当社は競合ではないんですよ。単純に言うと、和食とフレンチくらい違います。だから二軒並んでいるから競合するかと言うとそんなことはなくて、もちろん、ある部分では競合するかもしれませんが、むしろ別々のメニューを提供しているということで共存共栄になるんです。


経営者の端くれとして一番感じるのは、やはり目標は何かと。今後何年間の目標は何かということをきっちり定め、その方向に舵を切る。そのためにどんな手を打っていくかということが経営の基本だと思うんです。


人名ランダムピックアップ


経営・ビジネス・投資・仕事・お金・経済的な分野で成功を収めた人たちの名言を収録しています。

ページの先頭へ