藤井英敏の名言 一覧

このエントリーをはてなブックマークに追加

藤井英敏のプロフィール

藤井英敏、ふじい・ひでとし。インターネット株式情報サイトのカブ知恵創業者。早稲田大学政治経済学部経済学科卒業後、日興証券、独立系投資顧問会社、金融情報会社、金融情報会社フィスコ執行役員リサーチ部長などを経て独立。マネー雑誌『ダイヤモンドZAI』や『ネットマネー』で記事を発表している。著書に『おいしい株の見つけ方』『儲かる環境株! カネになるエコ ならないエコ』『eワラント必勝テクニック(共著)』など。

株への投資はただでさえリスクが高いのに、株式市場が暴落している局面で株を買うのはかなり勇気がいる。買いチャンスの数値が出たタイミングで株を買えるように、直近の高値から売り込まれている銘柄を普段からいくつか探しておくといい。そして、探しておいた複数の銘柄を、買いチャンスのときにまとめてパッケージ買いするとよい。さらに、買った後に株価が下落する事態に備えて、損切りの水準はあらかじめ決めておくべきだろう。


大きなリスクを取れるならば、株式市場が暴落した局面など株が安くなったときに、直近の高値からかなり売り込まれている銘柄を探して買う方法がよい。それも、倒産するのではと言われているほど売り込まれた株を買う。上場企業が倒産することは確かにあるが、実際にはそう簡単には倒産しないものだ。支援企業が現れたり、立ち直ったりして株価が上昇に転じることはおおい。また、仮に倒産しても、そのニュースが流れた直後は株価が上昇することも往々にしてある。こうして買った銘柄の株価が50から100%程度上昇したら利益を確定させ、次に株価が安くなったときを待つ。このような短期売買を繰り返して行う。


もし、いくら時間がかかってもよいというのであれば、たとえばトヨタ自動車株のようないわゆる優良株を購入して長期保有することで、孫の代には20倍にできるかもしれない。しかし、500万円を5年で1億円にするには、もっと大きなリスクを取る必要がある。


人名ランダムピックアップ


経営・ビジネス・投資・仕事・お金・経済的な分野で成功を収めた人たちの名言を収録しています。

ページの先頭へ