藤井義彦の名言 一覧

このエントリーをはてなブックマークに追加

藤井義彦のプロフィール

藤井義彦、ふじい・よしひこ。日本のコンサルタント、エグゼクティブ・コーチ。神戸出身。慶應義塾大学経済学部、スタンフォード大学卒業後、鐘紡(のちのカネボウ)に入社。その後、ハーバードビジネススクールAMP(高等経営者講座)、ODESSEYプログラム修了。イメリスミネラルズ日本法人代表を経て、慶應義塾大学大学院経営管理研究科(ビジネススクール)特別研究教授、エグゼクティブコーチングとコンサルティングのガンガー総合研究所代表。そのほか中国西安市の西北工業大学客員教授、文京学院大学大学院客員教授などを務める。主な著書に『経営格差』『ハーバード流 「第二の人生」の見つけ方』『頭を「空っぽ」にする技術』『ヘッドハンティング ある転職戦記』など。

経営者がどんなに高邁な思想を持っていても、事業から利益を得られなければ無意味です。ときには人員を削減しなければならず、そのときは身を削られるような思いにさいなまれ、自分の気持ちに反して非常にもならざるを得ません。


コーチングとは、いろいろなスキルを駆使して、クライアントを操作することではありません。コーチはクライアントの成功と成長を心から願い、自分のすべての経験や技量を惜しみなく与えます。クライアントに対しては、裏切らない、批判しない、感情的にならない、コーチの意思とノウハウを押し付けない、そして常に秘密を守り、甘えることは許されない。このようなコーチであってはじめて信頼されるのです。


資源を持たない日本が世界と伍して戦っていくためには、人という資源を最大限に生かすことが大事です。そのためには世界一流の経営のプロが育ち、企業や組織を活性化し、人材を育てていくことに尽きます。私の使命はコーチングを通じて人材を育てることです。


欧米の経営者は、トップに上り詰めたあとでも、自分の能力を磨くことに貪欲で、絶え間なく勉強し研鑽し続けます。企業も経営者教育のために、エリートをビジネススクールのプログラムに派遣したり、エグゼクティブコーチをつけて短期教育を行います。ところが、日本企業の特徴として、新入社員をはじめ課長クラスまでの研修は熱心に行うのですが、部長以上や役員として経営に携わる層への教育はほとんど行われていません。一部の企業がその点に気づき、経営者へのリーダーシップ教育を行い始めました。


日本の経営者の中には、儒学者や名僧を師と仰ぎ、悩みがあると訪ねていき判断を仰いだ人も少なくありません。このとき明確な答えを求めているのではなく、相談することで迷いを打ち切り、これでいこうと自らを奮い立たせているのです。


人は成長するにつれ、社会の規範に合わせ鎧をまとうようになります。自分を守るために内面を隠すわけです。その鎧を取り外し、自分を突き動かしているものは何かをつかむために、徹底的に自身と対峙する。リーダー自身がよい状態のとき、悪い状態のとき、それぞれどのような性格が出てくるかを知り、自身を受容し、人の多様性を認めてはじめてチームを活かし動かすことができます。


グローバル化が進み、コンプライアンスがますます重要になるなどビジネス環境が急速に変化かつ複雑化する中で、企業トップには、スピードを上げて戦略を策定、実行することが強く求められるようになりました。大きな夢、ビジョンを示し、それに社員全員を巻き込み、戦略を実行し、成果をあげなければなりません。


人名ランダムピックアップ


経営・ビジネス・投資・仕事・お金・経済的な分野で成功を収めた人たちの名言を収録しています。

ページの先頭へ