藤井照穂の名言 一覧

このエントリーをはてなブックマークに追加

藤井照穂のプロフィール

藤井照穂、ふじい・あきお。日本の経営者。マイクロソフト・プロダクト・ディベロップメント社長。東京出身、東京大学計数工学科卒業後、川崎製鉄所株式会社技術研究所に入社し画像処理システムの開発を担当する。エーエスアールに移籍し、画像処理、コンピュータグラフィックス、ワークステーション関連技術開発に従事。その後、日本マイクロソフトに入社。研究開発部部長、第一研究開発部長、取締役、第一研究開発本部本部長、常務などを経てマイクロソフト・プロダクト・ディベロップメント社長に就任。マイクロソフト入社後スタンフォード大学 Master of Computer Scienceに留学。マイクロソフト製品の日本語版の製品の研究開発の総括、指揮を行った。

優れたデバイスであっても各社が独自技術を採用し、相互に連携・接続できない状況では市場は広がりません。当社は共通のプラットフォームを提供することで、普及に貢献していなければと考えています。


グローバル使用におけるアドレス帳は、アルファベット順にアドレスを表示するだけなのですが、日本では組織別、そして部長・課長など階層別に表示する機能を独自に開発中です。日本の顧客からの要望が強く、開発を決めました。


アメリカに紹介しても、「なぜそんな機能がいるの?」とピンとこないようですが、日本や台湾など漫画文化圏のアジア諸国では、この機能の面白さがすぐに理解されます。
【覚書き|デジカメで撮影した顔を似顔絵に変換するソフトについて語った言葉】


オフィス2007開発ではユーザー調査に膨大な時間を割きました。当社では、承諾を頂いたユーザーを対象に、ネット経由であらゆる操作の統計量を調べています。これを基に、最もよく使われている機能が何か、克明に調査しました。よく使う機能を洗い出したら、今度は類似する機能群をまとめてグループ化する。さらに、そのグループをどういう順番で並べると作業しやすいかを考えたのです。


人名ランダムピックアップ


経営・ビジネス・投資・仕事・お金・経済的な分野で成功を収めた人たちの名言を収録しています。

ページの先頭へ