藤井清孝(経営者)の名言 一覧

このエントリーをはてなブックマークに追加

藤井清孝(経営者)のプロフィール

藤井清孝、ふじい・きよたか。日本の経営者。外資系有力企業の日本法人社長を歴任した人物。兵庫県出身。東京大学法学部卒業、ハーバード大学でMBAを取得。米国の大手コンサルティング会社マッキンゼー、米国の大手銀行ファーストボストン、米国のコンサルティング会社ブース・アレン・ハミルトン、などに勤務後、米国に本社のある電子系ソフトウェア企業日本ケイデンス・デザイン・システムズ社長、ドイツに本社があるソフトウェア会社SAPジャパン社長、世界最大の新薬開発業務委託会社クインタイルズ・トランスナショナル日本法人社長、ルイ・ヴィトンジャパン社長、米国の電気自動車充電インフラ企業ベタープレイス日本法人社長などを務めた経営者。

自分がやりたいことをするために、多くの仲間の力を結集できる人こそが、本当のリーダーです。


本当のロジックというものは、前提条件を外しても成り立つものです。偏ったロジックであるかどうかは、前提条件を外してみるとすぐにわかります。


誰も反対できないのが論理的なのではありません。反対する人が出てくるリスクをとり、しかもその反対する人を説得し、納得させて、行動にまで影響を与えられる人が、論理力のある人なのです。


大きな仕事をするためには、「すごいね君の話には説得力があるな」と、勝ちを譲って褒めることも必要です。そうすれば、その人が必要になったときに「仕事を手伝ってくれないか」と頼むと、喜んで協力してくれるでしょう。


重要なのは、会社が社会に何を問おうとしているのかを長期的視点で考える情熱のエンジンを持つことです。会社の歴史を知り、自分に期待されている能力を自覚し、情熱のエンジンで仕事に向かえば、責任のある仕事は必ず回ってくるはずです。


私は同僚より仕事ができるから早く出世したいなどという動機では、「出る杭は打たれる」ことにもなります。個人が前面に出ているからです。しかし、会社を強くしたいという情熱に基づいたものであれば共鳴する人は多く、普遍的にアピールできます。


同じ作業でも、情熱を持って挑んでいるか否かで、自分の仕事が大きくもなれば、小さくもなるんです。たとえレンガを積む仕事であっても、歴史的建造物をつくっているんだと自分を鼓舞し、誇りを感じながら携われば、レンガ積みが終わったときに次にできることを考えるし、自分が終えた仕事がほかの作業とどう関わりがあるのかを考えたりもするでしょう。


新しい職場に移ったら、業界やその会社の歴史を知ることも欠かせません。といっても本を読むような勉強ではありません。これは人を見る力と一対なんです。社内には、良い点、悪い点を客観的に話せる人が必ずいますから、ある程度の数字の裏付けとともに話を聞く。そしてひとつの事象について、立場の違う複数の人から話を聞いてみる。自分の考えを検証するつもりで、問題意識を持って複数の声に耳を傾ければ、全貌が見えてくるはずです。


ビジネスマンにとって、いま何が一番重要なのかを先入観なく本質的に考える力が必要です。経営者ならチームをつくる力、社員や株主や親会社など垣根を越えてコミュニケーションする力、トップにいながら現場の鼓動を感じる力も必須です。


転職をした際は、責任のある仕事うんぬんという前に、新天地で自分の「何」が買われたのかをまず理解することです。


ルイ・ヴィトンはブランド価値を向上させたいという視点が常に存在するから、153年間続いてきたのです。


自分が知らない世界を拒否するのは、いわば抗菌グッズに囲まれて生活するようなものです。でもそれで病原菌やウィルスを防ぐことはできません。そうした生活をしてきた人は抵抗力がありませんから、いったん雑菌が侵入してくると、あっという間にやられてしまう。生き方としては大変リスクが高いと言わざるを得ません。簡単にやられないような免疫力を高めることこそ大切ではないかと思います。


私自身は、人の役に立っているという実感がひとつの成長の糧になっていると思います。たとえば私の本を読んだ読者から、「すごいキャリアですね」という感想をもらってもとくに感慨はありません。しかし、「いろいろ考えさせられました」「仕事のヒントになりました」という感想をもらえるのはとても嬉しい。それは、私の経験がその人の人生に何かをもたらしたという証拠だからです。


成長の確認の仕方は人それぞれですが、ベクトルは自分の外に向けておいた方がいいでしょう。自分が得たものよりも、自分以外の何かにどれだけ貢献できたかを目安にすれば、他人からのフィードバックで自分の成長を実感できるのです。


何かが欲しいという気持ちは、案外長続きしないものです。ましてや日本人は諸外国に比べて生活水準もかなり高いので、少し多く手に入れたくらいではそれほど喜べないし、逆にわずかな不足でも、ものすごい不幸と感じてしまいます。そういう発想では自分の小さな欲望以上の仕事をすることはできないでしょう。


知りたくない世界を知らずにすませるのもひとつの生き方だとは思います。でも、成長意欲のある人ならば、自分の知らない世界について覗いてみたくなるものではないでしょうか。


もし「自分はこれで飯を食っていこう」というのが決まっているなら、何よりその仕事のメッカに行くべきです。コンピュータならシリコンバレー、自動車なら日本、デザインならイタリアといったように、その分野の最先端の場所に飛び込んだ方がいい。本場には世界中から才能ある人間が集まってきますから、自分の本当の実力もわかるし、優れた才能に学ぶことも多い。


人材と環境のクラスター(集合)に身を置くことが、その人の成長を促進するのです。バックパックを背負って世界を放浪するだけでは、成長にはつながりません。


論理力は基礎体力として身につけておくべきものです。ただし、それだけでは何の価値もありません。論理力を使って人を動かし、ビジネスが興り、世の中がよくなって初めて意味があるものです。ですから、論理力は敵をつくるためではなく、仲間を増やすために使って欲しいと思います。


自分の論理にどこか穴がないか、チェックする姿勢も大事です。自分のロジックは正しいはずなのに、他人が動いてくれないというとき、「どうしてわかってくれないんだ」と相手を責めるのではなく、「自分が見落としている前提条件があるのではないか」と考えてみるのです。相手の立場になって、その人がどんなロジックで動いているのかを理解しようと努力すれば、また違うロジックが構築できるはずです。


論理力に自信がある人ほど、相手を論破しようとしがちです。でも、論破された相手は、どう感じるでしょうか。きっと腹を立てて、「この人とは絶対に仕事をしたくない」と思いますよね。つまり、「自分の論理力を見せつけてやろう」という発想の人は、他人からの協力が得られないので、大きな仕事ができないのです。


自分の話がロジカルかどうかは、対立概念があるかどうかを考えてみればわかります。ロジカルに話すというのは、自分の立場をハッキリさせるということでもあるのです。


ルイ・ヴィトンの日本法人社長だったときのことです。ネクタイの担当者に、ブランドのロゴが全面に入っていないデザインを増やすよう提案したことがあります。私自身、ロゴが目立つものが好きではなかったし、ロゴ以外のデザインを選ぶ人の方が多いだろうと感じていたからです。しかし、担当者は「全面ロゴ入りとロゴなしのネクタイを並べて置くと、ロゴ入りの方が三倍多く売れるんです」と反対しました。これは確かにロジカルな反論です。でもそれは、ルイ・ヴィトンの専門ブティックで売っているネクタイの話でした。ルイ・ヴィトンのブティックに来る人はもともとルイ・ヴィトンが好きな人ですから、ロゴが入った商品を好んで買うのは当然です。でも、多くの人は百貨店などのネクタイ売り場へ行って、様々なブランドが並ぶ中から、気に入った一本を選ぶのではないでしょうか。その場合、ロゴ入りとロゴなしのどちらが売れるか。そう問い返すと担当者は「確かにそうですね」と、私の提案を検討してくれることになりました。


人名ランダムピックアップ


経営・ビジネス・投資・仕事・お金・経済的な分野で成功を収めた人たちの名言を収録しています。

ページの先頭へ