落合務の名言 一覧

このエントリーをはてなブックマークに追加

落合務のプロフィール

落合務、おちあい・つとむ。日本のシェフ。神奈川生まれ、東京育ち。高校を中退し、憧れていた料理の世界に飛び込む。ホテルニューオータニで修業を積んだのち、フランス料理を学ぶために渡仏。帰途に立ち寄ったイタリアでイタリア料理に魅せられ、1年間の語学学習ののちイタリア各地のレストランで約3年修業をし帰国。東京赤坂のイタリアンレストラン「グラナータ」の料理長を務めたのち、銀座に「ラ・ベットラ・ダ・オチアイ」をオープンさせオーナーシェフとなった。

いま大変な思いをしている人は、投げ出したり、逃げたくなったりすることもきっとあるでしょう。でも、自分がやりきったと思えるまでは、踏みとどまることも必要だと思うのです。たとえそのときは成功しなくても、逃げずにやりきったという経験があれば、また挑戦する自信もきっと湧いてくるはずです。


失敗して辞めるのはいい。でも、まだ店を続けられるのに逃げ出したらカッコ悪いじゃないですか。


僕が初めてシェフを任されたグラナータがオープンした当時、僕が現地で学んできたイタリア料理はまったく受け入れてもらえませんでした。オーナーは「いつかわかってもらえる」と方針を曲げませんでした。「外国の料理なんだから、日本のものと違って当然だ」と言ってくれたのです。とはいえ、お客さんが入らなくてはどうしようもない。つらくて胃潰瘍を数回患いました。「もう辞めよう」と1日に100回は思っていました。でも辞めなかったのは、オーナーに対する恩義がひとつ。それとここで辞めてしまったら、きっと自分が駄目になってしまうと思ったからです。


人名ランダムピックアップ


経営・ビジネス・投資・仕事・お金・経済的な分野で成功を収めた人たちの名言を収録しています。

ページの先頭へ