菅原義道の名言 一覧

このエントリーをはてなブックマークに追加

菅原義道のプロフィール

菅原義道、すがわら・よしみち。鎌倉にある禅宗寺院報国寺の住職。臨済宗建長寺派の禅僧。禅に関する一般向けの本を多数執筆している。主な著書に『禅のわかる本』『死んでもともと』『死んでもともと―泰然として死を迎えるために』

誰しも一度は死ぬ。一度死んだら二度死ぬことはない。それだったら、今のうちに死んでおこう。そうすれば、あとは気楽だ。死んでいる者に生死はない。こういうことは、一通り修業をした者なら、誰も体得することであるから不思議なものだ。


とっくみあいの喧嘩をしても負けないのが禅だ。地獄へ行っても、鬼どもを投げ飛ばして、家来にしてこき使うのが禅である。神も仏もあるものか。勝手気ままにやりたい放題のことをして、戦って戦い抜いて悔いのない一生を過ごすんだという意気に燃えるのが禅である。


人名ランダムピックアップ


経営・ビジネス・投資・仕事・お金・経済的な分野で成功を収めた人たちの名言を収録しています。

ページの先頭へ