荻生徂徠の名言 一覧

このエントリーをはてなブックマークに追加

荻生徂徠のプロフィール

荻生徂徠、おぎゅう・そらい。江戸中期の儒学者。江戸出身。当時館林藩主だった徳川綱吉の怒りに触れ父が江戸から放逐。一家そろって母の故郷・上総国長柄郡本納村(のちの千葉県茂原市)に移住。13年あまり同地で漢籍・和書・仏典を独学し、学問の基礎をつくる。父が許されたのをきっかけに江戸に戻る。幕府の仕事についたのち、私塾を設立し徂徠派を形成。多くの弟子を育てた。

人を用ゆる道は、その長所を取りて短所は構わぬことなり。


人はその長所のみとらば可なり。短所を知るを要せず。


人名ランダムピックアップ


経営・ビジネス・投資・仕事・お金・経済的な分野で成功を収めた人たちの名言を収録しています。

ページの先頭へ