若尾裕之の名言 一覧

このエントリーをはてなブックマークに追加

若尾裕之のプロフィール

若尾裕之、わかお・ひろゆき。日本のマーケティングコンサルタント、作家。岐阜県出身。立教大学経済学部経営学科卒業後、電気メーカーで電子部品の法人営業を担当し社長賞を受けるほど活躍。その後、日産自動車に移り、マーケティングやCMなどを担当。その後独立しマーケティングコンサルタントとして活躍。著書に『結婚したいと思われる人の共通点』『ハッピーなお葬式がしたい!』『マイハッピーエンディングノート』ほか。

どんなに素晴らしい話をしても、話し方が悪いと、良い印象を持ってもらえません。


完璧な人間などこの世の中にはいません。親しみを覚えるのは、むしろ失敗談やドジな話だったりします。完璧さや優秀さを演じるより、ときには自分の失敗談を交えながら話をすると、相手に親近感を持ってもらいやすくなります。


男性の話を聴くときは、褒める言葉を返してあげることで、好感度が一気に上がります。男性も女性のことをオーバーなくらい褒めるとよいでしょう。褒め言葉こそ、気持ちをつかむコツです。


自分があまり関心のない話をされたらどうでしょうか? 思わずスルーしてしまう人も多いかもしれません。でも、相手が話したがっていることを聴いてあげれば、好感度が急上昇します。


話しやすいのは相手の見た目の印象です。しかし、容姿についての発言は気をつけなければなりません。自分が良かれと思って発した褒め言葉だとしても、相手にとってはコンプレックスに思っていることで、気分を害するおそれがあるからです。会って間もない頃は、容姿についてのコメントは避けたほうがよいでしょう。


自分が知らないことを話されても、どう返していいのかわからない……。そんなときに使える必勝テクニックが「おうむ返し」です。たとえば、自分が興味のないゴルフの話題をされたとしましょう。「ゴルフのコンペで優勝したんですよ」「おめでとうございます。優勝したんですね。さすがですね」「スコアが90を切ったんだよ」「すご~い、90を切ったんですね」どうでしょうか? 自分にゴルフの知識がなくても、相手が言ったことを繰り返し言うだけで、会話が弾み、相手を気持ちよくさせることができます。


恋愛の場面では、ゆっくりとしたペースで話すほうがベターです。そのほうが相手に話がしっかり伝わりますし、何よりも「優しそう」「おおらか」「温かい」「ソフト」などのプラスのイメージを持たれやすいでしょう。


恋愛の場面で失敗しがちなのは、やたらと早口で話をすること。緊張しているせいなのか、いろんなことを短時間で話したいと思う気持ちが強いのか、マシンガントークをしてしまう人がいます。でも、これはほとんどの場合、悪い印象を与えてしまいます。「自己主張が強そう」「落ち着きがない」「気が短そう」「感情的」「頭が良いことを自慢している」など、マイナスイメージを持たれてしまう可能性があるのです。


恋愛上手とは、話し上手ではなく、聴き上手。話す時間は自分が2割、相手が8割ぐらいの気持ちで臨みましょう。自分から話すのではなく、相手と自分との共通点がないか、相手にどんな良いところがあるのかを質問し、相手を理解していくことが重要です。気持ちよく話を聴いてもらえる人だと思われたら、恋愛はきっとうまくいくはずです。


話し上手が恋愛上手だと勘違いしている人もいます。「話すのが苦手だからモテない」と思い、無理してしゃべりまくってしまう人もいます。でも、これは逆効果。一方的なコミュニケーションでは相手はげんなりし、心のシャッターを閉じてしまいます。


人名ランダムピックアップ


経営・ビジネス・投資・仕事・お金・経済的な分野で成功を収めた人たちの名言を収録しています。

ページの先頭へ