花沢健吾の名言 一覧

このエントリーをはてなブックマークに追加

花沢健吾のプロフィール

花沢健吾、はなざわ・けんご。日本の漫画家。青森県出身。高校卒業後上京。コンピューター関係の専門学校に進学。印刷会社勤務、漫画家アシスタントを経て『ルサンチマン』でデビュー。主な作品に『ボーイズ・オン・ザ・ラン』『アイアムアヒーロー』。

いろいろ蛇行してもいいし、結果的にまったく違うゴールが見えてきてもそれはそれで面白かったりする。


言葉ではなく絵で感情が伝わってくれれば成功。


(目標は)やっぱり100年残る作品ですかね。そういうのが万が一出来れば本当に嬉しい。


やっぱり自分が楽しめないとダメなんですよね。


自由だと思うんですよね。それこそあらゆる自由な手法があっていい。だからこそ漫画なんで。


(ペン入れは)ビクビクしながらやっている感じですね。「この線で正しいのかなー」っていうのが常にあって。


この世界に入って、技術的に桁違いの人が本当にいるんですよ。そこの差をどうやって埋めていくか。それのために使えるツールはどんどん使っていきたい。


これぐらい(締め切り数時間前)からようやく筆がのってくるんですよね。追い詰められて。ここから楽しくなってくるんですよ。頭がなんか開いたような状態になるというか、ここからアイデアが出てきたりとかするんで。


人名ランダムピックアップ


経営・ビジネス・投資・仕事・お金・経済的な分野で成功を収めた人たちの名言を収録しています。

ページの先頭へ