花村仁八郎の名言 一覧

このエントリーをはてなブックマークに追加

花村仁八郎のプロフィール

花村仁八郎、はなむら・にはちろう。日本の経営者。「日本航空」会長、経団連副会長。福岡県出身。東京帝国大学経済学部卒業。国立福岡少年院教官、重要産業協議会総務部長などを経て、経団連総務部長に就任。以後、事務局次長、専務理事、事務総長、副会長兼事務総長を務め政財界のパイプ役として尽力。

大きな金額の政治資金を扱ったが、一銭一厘も間違ったことはありませんでした。それで、「花村なら……」という信頼を得た。


経営者は必ずしも頭がよくなくてもいい。人の才能を見抜き、激励してやる包容力が必要なのだ。


私は誠実、真実一路に仕事をやってきただけ。


利害が絡む問題を解くときほど、自らを公平無私に保っておく必要がある。真実一路であると、自らの心に不安がない。そうなれば健康も維持できるというものである。


土光(敏夫)さんは、よく怒りましたね。ただ、私だけは怒られませんでした。私が事務の責任者だからです。責任者をやっつけたら、みんながついてきませんからね。


決してでしゃばらないことも大切。私は経団連副会長になってもいつも末席に座っています。経団連のスタッフ諸君には「民僚」だという意識で、いつも謙虚に接しろ、と言っています。


人名ランダムピックアップ


経営・ビジネス・投資・仕事・お金・経済的な分野で成功を収めた人たちの名言を収録しています。

ページの先頭へ