花木義麿の名言 一覧

このエントリーをはてなブックマークに追加

花木義麿のプロフィール

花木義麿、はなき・よしまろ。日本の経営者。工作機械メーカー「オークマ」社長・会長。愛知県出身。名古屋大学工学部電気工学科卒業後、大隈鉄工所(のちのオークマ)に入社。電装事業部電装開発部長、取締役、技術本部長、営業本部長、オークマアメリカ社長・会長などを経て本社社長に就任。そのほか、日本工作機械工業会会長などを務めた。

「金型作りに革命を起こす」と啖呵を切って、新製品開発の予算を確保しました。これを聞きつけたのが営業担当の役員。気の早い彼は金型メーカーに「画期的な機械が出る」と宣伝し、注文を受けてしまったのです。先方に約束した納期は6ヵ月後。もちろん、そんな機械はまだできていません。逃げ場を失った我々は、不眠不休で開発に没頭しました。毎日真夜中まで残業です。納期ぎりぎりで予定の性能に達したとき、開発部隊は全員、精も根も尽き果てていました。


社長になった今でも私は自分のことを一介の技術屋だと思っています。「次のブレークスルーは何だろう」と、未来の工作機械を夢想するだけでワクワクしてくる。そんな気持ちが日々のエネルギー源になっています。


ビジネスマンの人生の70%以上は会社生活ですから、やりたくないことを長くは続けられません。私は技術屋として、自分の好きなことを追求してきました。


人名ランダムピックアップ


経営・ビジネス・投資・仕事・お金・経済的な分野で成功を収めた人たちの名言を収録しています。

ページの先頭へ