羽鳥慎一の名言 一覧

このエントリーをはてなブックマークに追加

羽鳥慎一のプロフィール

羽鳥慎一、はとり・しんいち。日本のアナウンサー。埼玉出身。早稲田大学政治経済学部卒業後、早稲田予備校講師を経て、日本テレビに入社。プロ野球中継の実況、ニュース番組、バラエティ番組で司会を務めた。その後、フリーアナウンサーとして独立。主な出演番組に、『ズームイン!サタデー(ズムサタ)』『ズームイン!SUPER』『モーニングライブ』『情報満載ライブショー モーニングバード』など。

入社1、2年は何をやっても上手くいきませんでした。でも、心のどこかでチャンスが来ると信じていました。


マンネリを感じたことはありません。日々新鮮な情報に触れることができるし、それがまた嬉しくてたまらない。だって僕はそういう状態に身を置きたくて、テレビ局を選んだのですから。おそらく、10年経っても飽きないと思います。


僕はもともと人のことを嫌いにならないのです。人を嫌いになると今度は自分が嫌われて、やりたい仕事ができなくなるので、人の好き嫌いはあまりない方がいいですよ。上司から何か言われても、違うと思ったら流しておけばいい。縦社会の理不尽さも、高校時代の野球部で慣れているので、あまり苦になりません。人間関係ではホントに悩まないんです。


『ズームイン!SUPER』は福澤朗さんが15年くらいやるものだと思っていたので、もし僕に回ってくるとしてもずいぶん先のことだろうと、漠然と考えていました。だから話が来たとき、心構えなんてもちろんできていませんでした。結局は、それがよかったのだと思います。「大きな壁を前にしたら、上手くやろうと思わない」という教訓を学びました。


「羽鳥はしゃべりすぎてうるさい」と書かれた苦情を目にすると、さすがにそのときはへこみますが、あまり引きずらないようにしていました。数が多すぎていちいち引きずっていられなかったというのが真相ですが(笑)。そのうち、最初は山のようだった批判も徐々に減ってくると、今度は仕事がどんどん楽しくなってきたのです。


入社当時、自信が揺らぎそうになれば、どこかにいい部分があるから会社は採用してくれたんだと、自分に言い聞かせました。それから、根拠はなくても、いつかは必ずチャンスが回ってくると信じる。そのときに備え、ビデオで自分の喋りや動きをチェックすることだけは怠りませんでした。


入社してしばらくは、僕はこの仕事に向いていないんじゃないかと、かなり真剣に悩みました。実況放送を任されても、言葉が出てこない。頑張って喋れば、「なぜそこでそんなことを言う」と先輩に怒られる。しかも怒られる理由が理解できないのです。入社2年目ぐらいまでは本当につらかった。


人名ランダムピックアップ


経営・ビジネス・投資・仕事・お金・経済的な分野で成功を収めた人たちの名言を収録しています。

ページの先頭へ