緒方健介の名言 一覧

このエントリーをはてなブックマークに追加

緒方健介のプロフィール

緒方健介、おがた・けんすけ。岡山県出身。同志社大学経済学部卒業、青山学院大学大学院国際マネジメント研究科修了。大学卒業後、第一勧業銀行(のちのみずほ銀行)、投資・戦略コンサルティング会社インスパイアなどを経て、投資会社Oakキャピタル取締役などを務めた。著書に『どんなにバカな上司の下でも成長できる仕事術』ほか。

管理職になったら褒めるマネジメントをしなければならないのだから、肩書のないうちから、人を気持ちよく褒める技術を磨いておくと将来役立ちそうです。


上司は部下を査定し評価します。その内容次第で部下の賃金や将来の可能性も決まってくる。極論すれば、どんな上司でも顧客、言葉は悪いですがメシの種なのです。


内弁慶タイプの上司場合は、その習性を利用して、部下が外部の人に入れ知恵して、自分の提言や企画を代弁してもらうといいでしょう。


上司を、何でも教えてくれる親や学校の教師のように勘違いする人は多いですね。そういう人はつい上司に依存して、何か与えてもらえないと駄々っ子のように反感を持ち、ストレスがたまってしまうのです。


ダメ上司に対しては、忠誠を演じるしかありません。エリートコースを走る上司なら尊敬の対象になりますが、そうでなければ業務時間内はこちらが役者になり切るのです。上司の指示が趣旨とズレていても、とりあえず「Yes, sir!」。本心でなくてもよし。上司の方針や考えを聞いてすぐに反発する部下がいますが、いいアイデアではありません。戦っても、得るものはありませんね。不毛なだけです。


上司の指示を全部鵜呑みすると、心中する羽目になります。大事なのは上司の上司など、上層部とパイプをつくり、確かな情報


実は偉くなるほど「褒め業務」は増えます。その一方、自分は褒めてもらえなくなる。きちんとやって当然となってしまうんですね。上司も人の子です。例えば、自分の決断で仕事がうまくいったら、その貢献度を誰かに認めてほしいわけです。だから、部下はすかさず言うべきです。「○○さん、さすがですね!」と。本当は部下の粘り強い交渉がよかったのかもしれないけれど、その「さすが」の一言を伝えた部下に対して上司は「俺のことをよく見ている」と高く評価し、「いや、君のおかげだよ」と返答するかもしれません。


エリートコースを歩めるのはごく一部の人だけ。逆にいえば、ビジネスマンの多くは非主流派(非主流部署)に属しているといえます。そして、そんな傍流の上司には「ついていってはいけない人」が少なくないのも事実ですね。有能とは言えない上司とともに没落しないようにすること、そして傍流からなんとか抜け出すことが大切です。


人名ランダムピックアップ


経営・ビジネス・投資・仕事・お金・経済的な分野で成功を収めた人たちの名言を収録しています。

ページの先頭へ