篠辺修の名言 一覧

このエントリーをはてなブックマークに追加

篠辺修のプロフィール

篠辺修、しのべ・おさむ。日本の経営者。「全日本空輸」社長。東京出身。早稲田大学理工学部卒業後、全日本空輸に入社。整備本部管理室企画管理部企画課主席部員、整備本部管理室企画管理部企画チーム主席部員・チームリーダー、企画室企画部主席部員、整備本部品質保証部部長、整備本部技術部部長、執行役員営業推進本部副本部長、上席執行役員、取締役執行役員整備本部長、常務取締役執行役員、専務取締役執行役員、副社長、環境マネジメント委員会委員長、リスクマネジメント委員会委員長、コンプライアンス委員会委員長などを経て社長に就任。同社で初の整備出身社長となった。

実際の仕事でも納得性が高いものはわかりやすい。複雑な話をしているときは、じつは迷っている場合が多い。迷うから複雑なことを言う。明快だったら、それはこういう理由だときっぱり言える。私もできる限りそうありたいと思っている。


技術系は合理性だ。常に結論に至るロジックを考える。複雑なことでも、簡単なものの足し算であるという考え方だ。人間関係なら複雑なことも多いだろうが、技術の世界では、複雑に見えても単純なことをひとつひとつ解決すれば道は拓ける。


私は整備出身だが、営業や企画も経験してきた。企画に配属されたとき、最初の仕事はエンジン選定だった。その後、中期計画や機材計画などを担当。さらに業界の仕事として定期航空協会で航空政策にも携わり、着陸料や燃料税について議論した。分野の違う仕事だったが、幸いにしてそういう順序で仕事ができたので円形脱毛症になるようなストレスはなかった。


人名ランダムピックアップ


経営・ビジネス・投資・仕事・お金・経済的な分野で成功を収めた人たちの名言を収録しています。

ページの先頭へ