笹沢竜市の名言 一覧

このエントリーをはてなブックマークに追加

笹沢竜市のプロフィール

笹沢竜市、ささざわ・りゅういち。日本の経営者。広告代理店と営業コンサルティング会社のダーウィンシステム社長。法政大学文学部卒業後、大和ハウス工業に入社後、同社で全国営業成績上位者として多くの表彰を受け、トップセールスとして活躍。その後独立し、ダーウィンシステムを創業。東京ガス西山経営研究所のスタッフとしても活躍。専門は営業と不動産のコンサルティング。主な著書に『 トップ営業マンなぜあのひとから買いたくなるのか』『トップ営業マンのコミュニケーション術』『企業内プロフェッショナルの時代』など。

競合他社の住宅も含んて比べたとき、価格・性能・構造で圧倒的優位に立つのは難しいことです。ではどこで差をつけるかというと、家族で決めた家という納得感・満足感なのです。注文住宅の営業マンとして私の役割は、家族同士で話し合ってもらって、家族のコンセンサスを得てもらうことだと心得ていました。
【覚書き|大和ハウスでトップセールスだったころを振り返っての発言】


どんな仕事でもトラブルは避けられません。そこでトラブルが生じたときは、お客様が抱く不安をリストアップして先回りして応えたり、解決策を提案して不安を解消していく気遣いが必要だと思います。


会社の朝礼のときでも、私はほとんどしゃべらず、社員にしゃべってもらいます。最後に「社長、何かありますか?」と聞かれますが「ない」って答えています。


注文住宅の場合、最初にお客様の家づくりに対する考え方をしっかり聞いておかないと、途中でどんどん方向がズレてしまいます。ところが最初から本音で話してくれる人は少ないのです。たとえば「コスト重視で建てたい」とお客様が言ったとしても、それは一般論的に言っているにすぎず、じつはステータスを感じる家にしたいとか、健康に配慮した内装にしたいというような本音が別にある。そこを汲み取るのが私の仕事でした。
【覚書き|大和ハウスでトップセールスだったころを振り返っての発言】


人名ランダムピックアップ


経営・ビジネス・投資・仕事・お金・経済的な分野で成功を収めた人たちの名言を収録しています。

ページの先頭へ