竹鶴政孝の名言 一覧

このエントリーをはてなブックマークに追加

竹鶴政孝のプロフィール

竹鶴政孝、たけつる・まさたか。ニッカウヰスキー設立者。大阪高等工業卒業後、摂津酒造に入社。その後、寿屋(現:サントリー)を経て、大日本果汁(ニッカウヰスキー)創設。日本のウィスキーの父と讃えられた酒造技術者。

ウイスキーづくりは設備ではない。人の心だ。


私はウィスキー一筋で生きてきた。その意味では、一行で片付く(説明できる)男である。


信念を曲げずに前進する。それが好意を寄せてくださった人々に報いる道だと私は信じている。


よりよく遊ぶ者は、よく仕事をする。


我々が誇りを抱いて造っているように、みなさんも誇りを持って売っていただきたい。


ウィスキーでもそうだが、良い酒をつくるためには、規模や設備では解決できないものがある。熟成をじっくり辛抱して待つ精神や気質がないと、決してよいものはできないというのが私の信念のひとつである。


ウィスキーの仕事は私にとっては恋人のようなものである。どんな苦労でも苦労とは感じない。むしろ楽しみながら喜んでやるものだ。
【覚書き:京都の山崎に日本初の本格ウィスキー工場を建てた当時を振り返っての発言】


人名ランダムピックアップ


経営・ビジネス・投資・仕事・お金・経済的な分野で成功を収めた人たちの名言を収録しています。

ページの先頭へ