竹内謙礼の名言 一覧

このエントリーをはてなブックマークに追加

竹内謙礼のプロフィール

竹内謙礼、たけうち・けんれい。日本の経営コンサルタント。大学卒業後、雑誌編集者を経て、観光牧場「成田ゆめ牧場」の企画広報、通信販売事業、実店舗運営などの業務に携わる。同牧場の楽天市場でのネットショップは3年で年商1億円を突破し、楽天から「ベスト店長賞」を受けた。その後、「いろは」を設立。企業コンサルティングや執筆活動を行っている。著書に『売り上げがドカンとあがるキャッチコピーの作り方』『安売りしないでお客をガッチリつかむ技術』『会計天国』『行列ができる「売り方」お悩み相談所』ほか多数。

説明を「引き」「特徴」「説明」の3つのブロックの順に整理して並べることで、効果的なコピーが簡単につくれる。「いまなら10%オフ!(引き)、新開発のコイルを使用した(特徴)、疲れがとれるマットレス(説明)」商品の特徴と説明は、「新開発コイル」「疲れが取れるマットレス」という部分だけだが、これくらい簡潔なほうがイメージが浮かびやすく、より伝わりやすいキャッチコピーになる。


書籍は、タイトルで売れ行きが大きく変わる。裏を返せば、タイトルが冴えないと、いくら中身がよくても、手にとってもらえないということ。企画書も同じで、タイトル次第で、じっくり読んでもらえるか、そうでないかが決まるのだ。


キャッチコピーと同じように、企画書の文章の流れも、「読む人に興味をもってもらう(引き)」「優位性を伝える(特徴)」「興味をもってもらう(説明)」の3つのブロックを骨組みにすることで、手早く作成できる。


人名ランダムピックアップ


経営・ビジネス・投資・仕事・お金・経済的な分野で成功を収めた人たちの名言を収録しています。

ページの先頭へ