竹内規彦の名言 一覧

このエントリーをはてなブックマークに追加

竹内規彦のプロフィール

竹内規彦、たけうち・のりひこ。愛知県出身。名古屋大学大学院博士後期課程を修了。東京理科大学経営学部准教授、青山学院大学大学院経営学研究科准教授、早稲田大学ビジネススクール准教授などを務めた。専門は組織行動学・人材マネジメント論。

掲げる目標が本人にとって腹落ちしないと、どうしてもコミットできない。


多くのビジネスチャンスは偶然のような奇跡からスタートしています。いつ、どんなチャンスが来るかはわかりません。果報を寝て待つのではなく、常日頃から構えておくこと。


上司に評価され、実際に大きな仕事をやり遂げる社員とは、業務遂行能力だけでなく上司や周囲への配慮ができる人です。


上司は部下をよく見ている。


仕事の意味を十分に理解し、自分なりのやりがいをみつけられている人ほど、評価も高くなりやすい。


外部環境の激しい変化を踏まえれば組織にキャリア形成を完全に委ねるのは危険です。


長期的なキャリア形成においては、初期の評価がとても重要です。戦略を見直すのであれば、できるだけ早いほうがいいでしょう。


仕事に対する意識や価値観は多様化しており、キャリアの成功については人の数だけ定義があるといっても過言ではない。


心理学に「自己効力感」という概念がある。これは「自身の経験に裏づけられた自信感」を指す。数々の研究で、人のモチベーションを高める重要な概念であることが明らかになっている。


自分の能力や実績を客観的に抽出する作業は自分ひとりで行うのではなく、家族や友人、もしくはキャリアカウンセラーなど他者の視点を交えるといいでしょう。本人は気づかなくとも、周囲からみると卓越した能力をもっている、ということも少なくないからです。


残念ながら部下は自分の上司を選ぶことはできません。きちんとした評価のできない上司に仕えるのは大変だと思います。しかしそこで投げやりになってはいけません。組織のなかでは、評価のできない上司も、実力のある部下も、周囲の人間がきちんと見ています。そして実力のある人はどこかのタイミングで引っ張りあげられるものです。


与えられた指示に対して「はい」としか言わない部下に、上司は「本当にわかっているのか」と疑念を抱きます。与えられた指示を単にこなすだけでなく、具体的な対処法や根拠を示す。そうしたロジカルな対応が、「こいつには任せられる」という評価につながる。


上司は、部下から理由や根拠を説明されることを期待しており、それに応えてくれる部下ほど、いい印象をもつのです。反対に、自分の考えばかりを主張したり、周囲に媚びてばかりの部下は、信頼されません。


組織行動学では、上司に媚びたり、へりくだったりする行動を「迎合行動」と呼んでいます。我々の研究チ-ムが2007年の産業・組織心理学会で発表した研究報告では、迎合行動をとる人は、翌年の人事考課が下がる傾向かみられました。上司にはお見通しなのです。


心理学には「印象管理」という考え方があります。「仕事ができる人」は、印象管理がうまい人だと言い換えることもできます。自分自身では成果を出していると考えていても、その仕事を評価するのは上司なり他者の目によるわけです。上司の印象が悪ければ、「できるように見られる」というのは難しいはずです。


「仕事ができる」とは、どういうことなのでしょうか。「できる」という言葉は評価を含んでいるわけです。評価には自己評価と他者評価がありますが、この他者評価を本人がどれだけコントロールできるか、つまり極端に言えば「本当に仕事ができるかどうか」に加え、「できるように見えているかどうか」を自己管理することが重要です。


入社3年目というキャリアの初期の段階において、上司の期待を超える水準で仕事をこなし、確実に社内評価を固めておくことで、その後の出世ルートに乗りやすくなる。


印象管理にもさまざまな種類があり、効果的でないものもあります。興味深いことに、私たちが実施した共同調査では、上司に媚びたり、お世辞を言ったりする人は、評価が低くなることがわかっています。


人名ランダムピックアップ


経営・ビジネス・投資・仕事・お金・経済的な分野で成功を収めた人たちの名言を収録しています。

ページの先頭へ