竹下佳江の名言 一覧

このエントリーをはてなブックマークに追加

竹下佳江のプロフィール

竹下佳江、たけした・よしえ。日本のプロバレーボール選手、バレーボール指導者。福岡県出身。高校卒業後、「NECレッドロケッツ」、「JTマーヴェラス」などで活躍。日本代表にも選ばれ、オリンピックや世界選手権でメダル獲得に貢献した。

私だって人間だから、心が弱くなることもある。ただ、「メダルを諦めきれない」という執念が私を強気にさせた。


ケアやサポートをしてくれた監督やスタッフの力がなかったら、絶対にメダル獲得はなかった。


身体は小さくても、心はでっかく。


苦しんだぶんだけ人は成長できる。


身長が低いというコンプレックスがあるからこそ、プレーや強い心で勝負しなければいけないと覚悟したところから、私のバレーボール人生は始まっているんです。だからこそ技術を磨き、頭を使い、心が強くないと、バレー界では生きていけないと思ってきた。そのために、365日休みなく練習し、弱音も吐かなかった。


長いバレーボール人生、結果が出なくて辛い思いは数えきれないぐらいしてきたけれど、それらを乗り越えられる心を作ったのは、やはり、あのシドニー五輪の予選会での挫折です。心を強くせざるを得ない経験でした。


ロンドン五輪前、怪我を理由に、欠場するという選択肢は考えもしなかった。あったのは、「メダルを諦めきれない」という執念だけです。諦めきれないから、どうすれば痛みを抑えながらプレーすることができるのかという思考しか、頭に浮かびませんでした。


それまで寮と体育館を往復する生活で、バレーのことしか考えなかった。すると、いったんネガティブな思考に陥るとなかなか抜け出せないんです。それが地元で、介護福祉士を目指そうとハローワークに通ったりして、世間を知ることで視野が広がった。バレー界以外の人に会って話すことで、いろいろな考え方があるんだと、思考が柔軟になったように思います。また、大事な人とのつながりを改めて実感できたことも確かです。


チーム力の向上は必須ですが、一方で一致団結と意識しすぎるのはダメな面もあります。「誰かがやってくれる」という個人競技にはあり得ない妥協が生まれるからです。自立した選手が何人コートに立つかが、チームの強さのカギ。


壁にぶつかって苦しんでいる後輩がいても、ある程度までは声を掛けないようにしています。すぐに助けてしまうと、いつでも助けてくれると思い、成長が止まってしまう。どうしても駄目なときに、何かのきっかけを与えるくらいでいいと思います。


私は159cmしかないので、バレーでは大きな弱点です。もちろん、そのことに悩んだ時期もありますし、周りから非難され、一時バレーから離れたこともあるほどです。ただ、転機となったのは、それを長所に変えるためにどうするか、と思考を変えることができたことです。


子供向けのバレーボール教室で教えていても、最初から答えを知りたがる子供が多いように思います。その際には、やはり自分で考えるよう仕向けることが大事だと考えています。


結果論かもしれませんが、やはりメダルを取った年はチームワークが良かった気がします。違いは、目標が明確だったかどうか。目標がしっかりしていれば、それに向かって走り続けることができますから。


人名ランダムピックアップ


経営・ビジネス・投資・仕事・お金・経済的な分野で成功を収めた人たちの名言を収録しています。

ページの先頭へ