童門冬二の名言 一覧

このエントリーをはてなブックマークに追加

童門冬二のプロフィール

童門冬二、どうもん・ふゆじ。日本の小説家、作家。東京出身。東海大学附属旧制中学卒業。海軍少年飛行兵の特攻隊に入隊。目黒区役所係員、東京都立大学理学部事務長、広報室課長、企画関係部長、知事秘書、広報室長、企画調整局長、政策室長などを歴任したのち退官。52歳前後から本格的な作家活動に入る。小説・ノンフィクション問わず多くの著作を執筆。

どんなに厳しい状況に置かれても、徹底して自分の出番を待っていたのが桂小五郎という男でしょう。徳川家康に似て、社会の動き、世の中の潮流を見抜く鋭い力がありました。やがて自分の出番がくるという考えは、自分を信じ切る気持ちが強かったと言い換えてもいいかもしれません。


投獄されたら、普通の人なら落ち込んで頭を抱えるでしょう。僻んだり、誰かを恨んだりするに違いありません。でも、吉田松陰は自らの不幸な「事件」を逆用して、自分は死んでも後輩を育てようと決心したのです。「一粒の麦が死なずに落ちていれば、それはあくまでもただ一粒の麦だ。しかし、一粒の麦が死んで肥やしになれば多くの麦が育つ」。吉田にはそうした思想哲学があり、それを実践したことによって、自らも敗者復活できたのだと思います。


人には賢愚の差はあるけれど、ひとつやふたつは優れた才能を持っている。それを育てれば一人前の人間になれる。吉田松陰はそうした信念を持って、俳句・和歌などを得意とする入牢者を活用して、つらい牢を楽しい場所に変えてしまいます。そのことで、獄中の雰囲気は絶望的なものから一気にモラール(士気・意欲)が高まったのです。こうした取り組みはその後、藩全体に浸透していきました。


人名ランダムピックアップ


経営・ビジネス・投資・仕事・お金・経済的な分野で成功を収めた人たちの名言を収録しています。

ページの先頭へ