穂村弘の名言 一覧

このエントリーをはてなブックマークに追加

穂村弘のプロフィール

穂村弘、ほむら・ひろし。日本の歌人。北海道出身。北海道大学文I系に入学するも退学し、上智大学文学部英文学科に入学。在学中から短歌をつくり始め、連作「シンジケート」で角川短歌賞次席を獲得。卒業後、システムエンジニアとして就職。在職中に同世代の歌人たちと知り合う。歌誌「かばん」に入会。ニューウェーブ短歌の推進者として活躍した。そのほか『短歌の友人』で第19回伊藤整文学賞、『楽しい一日』で第43回短歌研究賞、石井陽子とコラボレーションしたメディアアート作品『火よ、さわれるの』でアルス・エレクトロニカインタラクティブ部門栄誉賞などを受賞。

根気がないと何事も続けることはできません。でも希望がないと、その根気さえ出てこないものです。


お金や社会的な評価とは直接関係のないものの中にこそ、あなたの生きる意味を支えてくれる何かが見つかるのではないかと思うのです。


僕もある友人に、「短歌なんかやっていても意味がないんじゃないか」とこぼしたことがありました。すると友人は、「でも、米粒に字を書く人だっているんだよな」と言ったのをいまでもよく覚えています。多くの人に関心を示されなくても、その人にとっては意味を持つ行為は確かにある。30代の僕は、そういう気持ちで短歌に希望を持ち続けていた、といえるかもしれません。


20代の後半にさしかかったころ、「このままでは何もしないまま終わってしまう」という焦りを感じるようになりました。それまで、未来は感覚的に無限に近いイメージだったのに、30という年齢が迫ってくると急に「有限の現実」が迫ってくる。それは一種の恐怖です。貯金をはたいて自費出版で初めて歌集を出したのも、そんな気持ちがあったからでした。僕は会社ではまったくダメ社員でしたから、他にはなんの希望も見いだせなかったのです。


希望がないと、根気さえ出てこないものです。現代は希望を持ちづらい時代だといわれています。いまの若い世代が、希望を持ちやすかった時代を生きてきた大人から、「根気を持て!」といわれても、耳を貸す気になれないのもわかる気がします。


人名ランダムピックアップ


経営・ビジネス・投資・仕事・お金・経済的な分野で成功を収めた人たちの名言を収録しています。

ページの先頭へ