稲葉興作の名言 一覧

このエントリーをはてなブックマークに追加

稲葉興作のプロフィール

稲葉興作、いなば・こうさく。石川島播磨重工社長・会長。東京商工会議所会頭、日本商工会議所会頭なども務める。シンガポール生まれ、東京工業大学機械工学科を卒業後、石川島播磨重工入社。勲一等旭日大綬章受章

研究資料が乏しいので、必要な文献や論文を回し読みする「輪講」はかなり続いた。大学時代からそうだったが、先端の技術研究書は欧米のものばかりだった。日本の学者のものは、理論的なものばかりで、やはり経験の多い欧米のものが実際的であった。


失敗した原因をさかのぼって追求し、新しい理論や技術を発見するのが肝要だ。いわば逆算からの出発である。【覚書き:21世紀の技術開発について語った言葉】


前に進むべきか退くべきか迷った時は簡単な原則に戻る。すなわち、5年後、10年後に採算がとれるか、会社の発展につながるか、これをチェックすればおのずと結論が出る。


人名ランダムピックアップ


経営・ビジネス・投資・仕事・お金・経済的な分野で成功を収めた人たちの名言を収録しています。

ページの先頭へ