稲葉善治の名言 一覧

このエントリーをはてなブックマークに追加

稲葉善治のプロフィール

稲葉善治、いなば・よしはる。日本の経営者。工作機械、産業用ロボットメーカー「ファナック」社長。茨城県出身。東京工業大学工学部機械工学科卒業後、いすゞ自動車を経てファナックに入社。取締役、常務、専務、副社長などを経て社長に就任。

勝ち続けるためには、我々が勝てる市場で戦わなければいけない。


上にお伺いして、決定を待っていたら、遅くてしょうがない。しかも、間違いだらけになってしまう。


我々は勝ち続けるために「製造業の自動化」というある程度限定された市場で、どうやってビジネスを広げるかを考えている。


皆が体制に納得しなければついていかないし、皆が納得してついていく体制を時代に応じて作り続けなければいけない。


社長はプロ達がしていくので、社長は「雑用係」でいい。雑用係はしょうがないから矢面に立つ。


我々の一番大きな責任は、次の世代に健全な形でタスキをつなぐこと。


開発者全員が共通の目的意識をもつことが最も重要なので、この点に注意して、話すことや行動に注意しています。原理原則は非常に単純なことですが、やはり実行するとなると大変だし、この辺でいいかと妥協しがちですが、徹底することが大切だと思います。


私はあれこれ余計なことを考えず、目標に向かって一直線に進めと言っています。要するに、目標が定まったら、できるだけ早く目標に到達せよということです。それから、商品開発は一人で行うわけではありませんから、みんなの進む方向がばらばらで、各々違う方向に走ってしまったら十ある力の半分も発揮できません。


目標が定まったら、できるだけ早く目標に到達せよということです。研究開発のスピードは、遅れたら遅れた分だけ命取りになります。ファナックの研究所の玄関には「10倍速く回る時計」があります。商品化のタイミングや開発速度の重要性を研究者全員に意識させるため、創業者の名誉会長(工学博士 稲葉清右衛門)が社長時代に研究所にプレゼントしたものです。


ときには24時間体制で開発しなければいけないこともあるし、技術的なブレイクスルーを徹底して追求しなければならない場合もある。しかし、研究開発に携わる研究員の一人一人がゴールをわかっていれば、そんなに難しいことではないと思います。私はあれこれ考えずに目標に向かって一直線に進めと言っています。


ファナックは全社員の約三分の一の社員が研究員として商品開発に携わっています。研究開発で大切なのは、目標を決めることです。仮に目標なしに興味本位で研究を進めたら、成果はまとまりません。全研究員が共通の目標を認識し、タイムリミットを決めて開発を実行していくことです。


今年入った新入社員やこれから入社する人たちは30年、40年と会社生活を送るんですから。その人たちの会社生活を台無しにするようなタスキのつなぎ方をしてはいけない。長居をして老害になってはいけません。


今、現場の最前線で何が起きているかまで、1人では把握できません。苦戦しているとか、勝っているとかいう生々しい話が最前線から集まってくるから、皆が知識を共有して、正しい判断ができる。限られた情報で決める方がリスクは大きいですよ。


今、私たちが存在しているのはヒトという生物が勝ち残ってきたからです。法人も永続性を保つためには、勝ち残らなければいけません。そこから全てを考えていく必要があります。


法人って、「法律上認められた人格」と書きますよね。法律の上では、我々人間と同じ存在なんです。私たちは生身の人間だから、寿命も体力も限られています。けれども法人は、法治国家が続く限り、何千年と永続できる可能性を持っている。


我々は市場という戦場で戦っています。社内の機密というのは、戦争で言えば、軍事機密のようなものです。どの地域にどれだけの部隊を配置するとか、敵に手の内を明かすようなことはできない。だから、しゃべらないことはとても多いのです。それを「閉鎖的」とみられても困ります。


利益を出し続けるためには、競合他社よりも強くなければいけません。競合他社よりも強くあるためには、強い企業体質が必要です。開発、生産、販売、サービス、すべてが強くなければいけない。


人名ランダムピックアップ


経営・ビジネス・投資・仕事・お金・経済的な分野で成功を収めた人たちの名言を収録しています。

ページの先頭へ