稲垣平太郎の名言 一覧

このエントリーをはてなブックマークに追加

稲垣平太郎のプロフィール

稲垣平太郎、いながき・へいたろう。日本の経営者、政治家。「横浜ゴム」社長。岡山県出身。慶應義塾大学卒業後、古河合名に入社。富士電機製造設立に参画。時事新報社常務、横浜護謨(のちの横浜ゴム)常務などを経て社長に就任。その後政界に進出し、参議院議員となる。第三次吉田内閣で通商産業大臣。そのほか日本ゼオン会長。ニッポン放送会長などを務めた。

敵対国企業とはいえ、契約は守らなければならない。日本人は約束を破るような卑怯なことをしてはならない。【覚書き|第二次大戦中、当時専務を務めていた横浜ゴムが、米グリッドリッチ社と戦前に結んだ技術契約の技術料を、戦中も借り勘定としていたことについて語った言葉。】


人名ランダムピックアップ


経営・ビジネス・投資・仕事・お金・経済的な分野で成功を収めた人たちの名言を収録しています。

ページの先頭へ