秋山進の名言 一覧

このエントリーをはてなブックマークに追加

秋山進のプロフィール

秋山進、あきやま・すすむ。日本のインディペンデント・コントラクター。奈良県出身。京都大学経済学部卒業後、リクルートに入社し、事業・商品開発、戦略策定などの業務にあたる。その後、インディペンデント・コンストラクター(独立業務請負人)として独立。各種エンターテイメントや人材関連トップ企業でCEO補佐や外部執行役員を務める。ジュリアーニ・コンプライアンス日本法人のマネージングディレクター、インディペンデント・コントラクター協会理事長なども務めている。日本ではまだ珍しいインディペンデント・コンストラクターというワークスタイルを自ら実践し、啓蒙活動を行っている。

仕事の権限は狡猾に、時間をかけて奪い取るものなのです。大切なのはくれぐれも急がないことです。


上司の意見はなるべく否定してはいけません。そのかわりに多様な選択肢を与え、選ばせるのです。「課長との考え方とは別に、こういう考え方もあると思います。価値判断の軸をどこに置くかで選択は変わってくると思います」というような会話を繰り返すと、あなたと上司の間で思考のズレがなくなります。そうなったらしめたもの。この件はお前に任せるという案件が少しずつ出てきます。


上司に反対の意見をいう場合は「お気に障るかもしれませんが」くらい言い添えましょう。私は入社3年目のころ、課長に向かって「あなたの視野は狭すぎますよ。このままでは課長どまりです」と言ったことがあり、いま考えると汗三斗、反省しきりです。


大前提として確認しておきたいのは、私心があってはならないということです。やりたい仕事があって、その方法論のひとつとして権限委譲があるということです。権限委譲が目的であっては決して上手くいきません。


完ぺき主義者は部下としては大変頼りになりますが、上司としては最悪です。当たったら不幸としかいえません。


仕事の権限を委譲した結果、困った事態が生じるのを上司が恐れている場合、たとえば、あなたは優秀だから権限を分け与えると自分の居場所がなくなるのではないかとか、リスクの高い仕事に手を付け、失敗した場合、自分が尻拭い役になるだけで面倒だと考えているのもしれません。


あなたに人望はありますか?仕事はチームでやるものですから、いくらあなたが優秀でも、周りの人がついてこない人には仕事は任せられません。


上司が「権限委譲したくてもできない」と思っている場合、原因はあなたにあります。上司があなたの能力を評価していないので、踏み切れないのです。また、能力は評価していても、会社の基本的な考え方や方向性の理解が足りないから、こいつに任せたら不安だと思っているのかもしれません。いずれの場合も実績を地道にあげ、仕事で認めてもらうしかありません。


なぜ上司があなたに仕事を任せてくれないのか。上司が置かれている状況や、上司のタイプを考えると3つの場合が考えられます。

  1. 上司が権限委譲したくてもできないと思っている場合。
  2. 権限を委譲した結果、困った事態が生じるのを上司が恐れている場合。
  3. 部下への権限移譲など決してできない性格の上司である場合。

人名ランダムピックアップ


経営・ビジネス・投資・仕事・お金・経済的な分野で成功を収めた人たちの名言を収録しています。

ページの先頭へ