秋山智史の名言 一覧

このエントリーをはてなブックマークに追加

秋山智史のプロフィール

秋山智史、あきやま・ともふみ。日本の経営者。「富国生命保険」社長・会長。東京出身。早稲田大学法学部卒業後、富国生命保険に入社。アラビア石油出向、富国生命保険取締役財務部長、常務取締役などを経て社長に就任。そのほか、多数の企業の社外取締役や監査役を務めた。

特に、保険会社は商品に形がない。そこにお金を払ってもらうには、信頼しかないんです。だから背伸びをせず、着実に「質」を高めていく。派手な宣伝も打ちません。


どういう経済社会を築き上げていくのか。そのために何をすべきなのか。考えていくと、「企業は社会の公器」という理念が見えてきます。人々から存在価値を認めてもらえなければ、組織の意味がありません。


私は社長になる時、「規模の拡大は追わない」と決めました。無理をして大きくなっても、後で必ず反動が起きます。ならば、徹底的に「質」を追いかけよう、と。保険に入っていただいた方に対する保障を100%守り抜く。そもそも、この鉄則を守れない保険会社なんて、存在しない方がいいんです。人のためになりません。


方向さえ間違っていなければ、懸命に続けていく。それが、先輩たちから学び、受け継いでいくべき我が社の伝統だと思っています。


人名ランダムピックアップ


経営・ビジネス・投資・仕事・お金・経済的な分野で成功を収めた人たちの名言を収録しています。

ページの先頭へ