福島保の名言 一覧

このエントリーをはてなブックマークに追加

福島保のプロフィール

福島保、ふくしま・たもつ。日本の経営者。「ベネッセホールディングス」社長。岡山県出身。福武書店に入社。名古屋支社長、ダイレクトマーケティング推進室統括責任者、取締役経営革新本部長、経営企画室長、専務、CMO(最高マーケティング責任者)などを経て社長に就任。

仕事には挑戦が必要ですし、失敗を恐れてもいけない。しかし甘さを残して新たな仕事を始めると、一緒に仕事をしているメンバーに迷惑をかけてしまう。何でもトライアンドエラーではいけない。


福武(哲彦)社長は「赤字分の3億円を返すのなら辞めていい」。辞表を出せば失敗の責任を取ったことになるという考え方を否定されました。「おまえはただ逃げているだけだ」と。仕事に対する姿勢や執念について改めて考える機会になりました。


福武(哲彦)社長は別の会社を倒産させてしまい、再起をかけて福武書店を創業した経緯があります。そのためか、折に触れ組織運営を厳しく教え込まれました。


ある日、福武(哲彦)社長が課長以上の幹部全員をいきなり呼び集めました。「何事か」と会議室に行くと、白紙を渡され「社是。社訓、今年の経営方針を書け」。抜き打ちテストです。朝礼で毎週唱和しているのに正しい答案が書けません。追試こそ免れましたが「リーダーたるもの、会社の精神が染み込んでいなかったら失格だ!」と喝を入れられました。


知人に「自分の強みを持たないと器用貧乏で終わる」と指摘され、やりたい仕事を考えました。DM(ダイレクトメール)作成への挑戦を決め、上司に「とにかく1回つくらせてほしい」と直訴しました。


人名ランダムピックアップ


経営・ビジネス・投資・仕事・お金・経済的な分野で成功を収めた人たちの名言を収録しています。

ページの先頭へ