福岡伸一の名言 一覧

このエントリーをはてなブックマークに追加

福岡伸一のプロフィール

福岡伸一、ふくおか・しんいち。日本の分子生物学者、農学博士。東京都出身。京都大学農学部食品工学科卒業、京都大学大学院農学研究科食品工学専攻博士後期課程修了。ロックフェラー大学分子細胞生物学研究室ポストドクトラル・フェロー、ハーバード大学医学部ポストドクトラル・フェロー、京都大学食糧科学研究所講師・助教授、京都大学大学院農学研究科助教授などを経て、青山学院大学理工学部化学・生命科学科教授、青山学院大学総合文化政策学部教授。そのほか、ロハスクラブ理事なども務めている。主な著書に『生物と無生物のあいだ』『動的平衡 生命はなぜそこに宿るのか』『生命と食』『プリオン説はほんとうか? タンパク質病原体説をめぐるミステリー』など。

今日、何か悩ましいことがあったとしても、分子のレベルで考えれば、それさえも流転している。だから生物は、「自由であれ」と命じられているともいえるのです。私が伝えたいのは、こうしたポジティブな無常観というべきものです。


生物学を学ぶとわかるのが、世界のあらゆるものが「流れている」ということなのです。私たちを構成する分子はやがて空気中に流れ出していって、次には海の一部になるかもしれないし、岩の一部になるかもしれない。生物とは、そうした流れの中にできた一瞬の淀みのようなものです。


自分は威張ってなどいないという人でも、謙虚になることは必要だと思います。知的であることの最低条件は、自己懐疑ができることですから、謙虚さは、その出発点になるのです。


人間の体内でたんぱく質が合成される方法はただ一通りなのに、逆に分解される方法は10通り以上あります。生命にとって、なぜ分解=壊すことがそれほど大切なのでしょうか。この世界がエントロピー増大の法則に支配されているからです。秩序あるものはすべて摩耗し、酸化し、ミスが蓄積して障害が起こり、無秩序の状態になっていきます。この不可避の流れに抗するために、生命がとったのが自らを常に壊し、再構築するという自転車操業的な在り方でした。


すべての情報を日々分解して洗い流し、さらに新たな情報やエネルギーを取り入れていくことが生命の本質だとしたら、上司や顧客のひとこと、自身のブログに書かれた批判といった些細なことに動揺し、いつまでも拘泥することがいかにくだらないかと思えます。


生命のあらゆる組織や細胞は、日々新たにつくられ更新され続けています。分子レベルで見ると、今日の自分と明日の自分はまったく違う存在といえるのです。常に変わりつつ一定の状態を保っている。その絶え間ない流れ自体が生きているということです。


生命は常に揺らいでいます。押せば押し返しますし、引っ張れば逆に引っ張りかえそうとします。情報とエネルギーを投入し、あるとき効率がアップしたとしても、別の個所でダウンしてしまいます。


ほとんどの現代人が同じ病気にかかっています。一定時間におけるパフォーマンスの最大化を目標にする考え方です。一日、一週間単位でノルマを決め、着実に実行することはビジネスで成功するためには欠かせないことかもしれませんが、生命現象を観察している立場から申し上げると一片のむなしさをそこに感じてしまいます。


人名ランダムピックアップ


経営・ビジネス・投資・仕事・お金・経済的な分野で成功を収めた人たちの名言を収録しています。

ページの先頭へ