福原賢一の名言 一覧

このエントリーをはてなブックマークに追加

福原賢一のプロフィール

福原賢一、ふくはら・けんいち。日本の経営者。「ベネッセホールディングス」社長。岡山県出身。京都大学卒業。野村證券取締役、野村リサーチ・アンド・アドバイザリー社長、野村ヒューマンキャピタル・ソリューション社長、野村證券執行役、ベネッセスタイルケア副社長・社長、ベネッセホールディングス副会長兼CFO(最高財務責任者)、社長、公益財団法人福武財団副理事長などを務めた。

自然発生的なクチコミに勝るブランド形成はない。


お金を稼ぐことを目的化してはいけない。お金はあくまで手段であって、稼いだお金をどう使うかが大事。それは人が幸せになるような文化や地域を作るために使われるべき。


自己実現した後に、じゃあ何をするのか。自分の最も高次の欲求を突き詰めてみることをお勧めします。


福武財団はベネッセの株式を6%所有し、その配当を原資に充てています。企業のメセナ活動は一般的に、経常利益の何%かを寄付する形が多いのですが、そうすると株主の利益とある意味、相反する。しかし、配当はほかの株主と平等ですし、それを原資にした活動がブランドイメージの向上になるなら株主の利益にも資することになります。


人名ランダムピックアップ


経営・ビジネス・投資・仕事・お金・経済的な分野で成功を収めた人たちの名言を収録しています。

ページの先頭へ