福井晴敏の名言 一覧

このエントリーをはてなブックマークに追加

福井晴敏のプロフィール

福井晴敏、ふくい・はるとし。日本の小説家。東京出身。千葉商科大学商経学部経済学科中退後、警備員として働きながら小説を執筆。『Twelve Y.O.(トゥエルブ ワイ オー)』で江戸川乱歩賞を受賞し小説家デビュー。『亡国のイージス』で日本推理作家協会賞、日本冒険小説協会大賞、大藪春彦賞を受賞。『終戦のローレライ』で吉川英治文学新人賞を受賞。

人間が幸福になるための「経済」というものが、人間をどんどん不幸にしている。そろそろそのルールに対して、懐疑的になってもいいんじゃないかと。ただやみくもに反対するのではなく、ちょっとモノの見方を変えてみませんかということです。


大きい映画を撮るとなるとCGワークなどで以前より高精度で作れるようになっていて、それが大作映画という先入観があるけれど、大事なのはその中でどれだけ役者が魅力的に見えるかなんですよね。


人名ランダムピックアップ


経営・ビジネス・投資・仕事・お金・経済的な分野で成功を収めた人たちの名言を収録しています。

ページの先頭へ