石黒不二代の名言 一覧

このエントリーをはてなブックマークに追加

石黒不二代のプロフィール

石黒不二代、いしぐろ・ふじよ。日本の女性経営者。ネットイヤーグループ社長。愛知県出身。名古屋大学経済学部卒業後、ブラザー工業で海外マーケティング業務を経験。その後、スワロフスキー・ジャパン新規事業担当マネジャーを経て、スタンフォード大学でMBAを取得。アメリカ・シリコンバレーのコンサルティング会社Alphametrics Inc.社長、Netyear Group, Inc.取締役、ネットイヤーグループ株式会社取締役などを経て社長に就任。そのほか、トリビティー株式会社(のちのネットイヤーゼロ株式会社)取締役、電通ネットイヤーアビーム取締役、社トライバルメディアハウス取締役、名古屋大学工学部客員教授なども務めた経営者。

今後ますます大事になるのは、事実の正確な記憶ではなく、全体の概念を素早く把握し、そのうえで自分が次に何をやるかを考えること。


マーケティングというのは、営業をしなくても売れる仕組みを作ること。


最初は名もない企業でしたので、採用してもらうため、ありとあらゆる手段を使って成功事例を作り、それを増やしていきました。


ビジネスゴールを決めるのは当然で大切なことですが、柔軟な発想と行動力も非常に重要だと思うのです。


ジョブズも言っていましたが、人生を振り返れば、すべての経験が点と点でつながり、一本の線になっていると思います。遠くの未来より、近い将来の夢を必ず叶えることが重要なのです。


社会がどのように変化し、変容していくのか、遠い将来はわかりません。本当は末永くインターネット全般に関わりたい。ですから、インターネットを使ったクライアント・サービスが軸という中核だけは変えずに、事業内容は時代に合わせて変容させていくつもりです。


いつもそうですが、私はロングタームで計画を立てず、近い未来を見据えて行動しています。行き当たりばったり、ともいえるかもしれませんが(笑)。いずれにせよ、ロングタームで考えても、制度や社会が変化すれば、計画通りにいかなくなりますし、道程も変わってきます。遠い将来については、曖昧な目標でいいのではないかと思います。


中小企業からのご依頼を受けないわけではありませんが、最初から大企業にフォーカスをあてるという方針でした。というのも、大企業との仕事はビジネスとしても利益率が高く、安定していますし、面白味もあるからです。大企業にはリアルビジネスで得た膨大な顧客データベースが眠っており、その資産を上手く使えば、インターネットを使って様々な試みが可能になります。抱えている問題が大きく、その問題を解決するお手伝いをできる点が面白く、チャレンジングなのです。


いま私はインターネットを核とした事業を展開していますが、基幹産業であるメーカーでキャリアをスタートし、プロダクト・マネージメントまで実地で学べたのは、素晴らしい経験だったと思います。働くうえでの土台ができました。デスクワークに勤しむトップ集団だけで経済がつくられていると思ったら大間違いで、日本経済を支えているのは、ものづくりの現場です。工場で働く社員が、黙々と改善を積み重ねていく様を見るにつけ、日本人にはよいものをつくろうという倫理観がある、それが日本のものづくりの強さであり、力であるとわかりました。


企業のすべての業務が、大なり小なり顧客満足に結びついています。顧客を満足させなければ、売上は確保できません。営業部に商品企画部やマーケティング部、カスタマーサービス部もそれぞれの役割の中で顧客ニーズに応える。製造現場などは直接顧客と接することはありませんが、品質向上に取り組むことで、顧客満足の一翼を担っています。


ウェブサイトには、広くサービスや商品を売るというより、一人一人の顧客との付き合いを深めていく役割があります。その最初の一歩は、積極的に情報を提供していくことです。自社のことをよりよく知ってもらい、ブランド力をアップさせることができます。


ウェブサイトは顧客に近いツールだけに、戦略が正しければ、それに見合った成果が必ず出ます。逆もしかりで、利用者が企業のウェブサイトに期待を抱いてアクセスしているのにもかかわらず、戦略がないままに漫然と情報を羅列していると、ブランドイメージを損ないかねません。顧客満足をあげるためにウェブサイト担当者を活かすことができるかどうかは、経営者の考え方次第です。


現在、ウェブサイトを使って顧客満足をあげるためには、企業が持つ情報を一元化し、発信することが不可欠になります。さもないとウェブサイトという顧客にとって最も身近なツールから出るチグハグな情報によって顧客は混乱してしまうことになります。この問題の解決法のひとつは、ウェブ担当者を核とした組織横断型チームを結成することです。


優れたCIO(最高情報責任者)は、ITの知識を持っているというよりも、社内の現状を熟知したうえで、経営戦略につながるIT戦略を立てられ、戦略を実行するためには、どの部署に何を依頼すれば上手くいくかを理解しています。


社内の各部が独自に仕掛ける活動と顧客との間を、ウェブサイトという企業の窓口で結ぶのがウェブ担当者です。その際、各部の業務がわかっていないと必要な情報をわかりやすく発信することができません。部門をまたいだ現場感覚が必要なのです。


ウェブ担当者にとくに求められるのは、「社内業務の一連の流れと、各部署の実情を把握できる現場感覚」「ウェブサイトを利用して何がしたいのかを明確にするビジョン構築力」「現場の状況を勘案し、どうすればウェブサイト上に効果的に情報提示できるかを考えるマーケティング力」の3点です。これに加えてウェブに関する知識や技術も必要になります。


TODOリストの情報にプライオリティはつけますが、仕事とプライベートの区別はしていません。仕事のほうが大事だからと私用のやるべきことを疎かにしていたら、日常生活がうまくいかなくなってストレスがたまり、結局、仕事にも影響が出てしまうと考えるからです。


人名ランダムピックアップ


経営・ビジネス・投資・仕事・お金・経済的な分野で成功を収めた人たちの名言を収録しています。

ページの先頭へ