石田宏樹の名言 一覧

このエントリーをはてなブックマークに追加

石田宏樹のプロフィール

石田宏樹、いしだ・あつき。日本の起業家。「フリービット」創業者。佐賀県出身。慶應義塾大学在学中、学生ベンチャー「リセット」を設立。三菱電機情報ネットワークの事業パートナーとなり、インターネットプロバイダー「ドリーム・トレイン・インターネット(DTI)」の設立と成長に大きく貢献。DTI企画部長、DTI最高戦略責任者などを経て「フリービット」を設立。そのほかDTI社長、トーンモバイル社長、カルチュア・コンビニエンス・クラブCIO(最高イノベーション/情報責任者)などを務めた。

すべてを「自分の問題」と考えるから、最後まで逃げずに頑張り抜くことができる。


できないと言っている人に対してその理由を聞いてみると、実は合理的ではないことが多い。


成長するためには継続的に人を作り続けるしかありません。企業の未来は人材育成に尽きる。


使いやすい方が良質。どれだけユーザー視点で作れるかが重要。


最終商材を作る時に僅かでも言い訳があると、良質な商品はできない。


仕事を「やらされている」社員の集まる企業は、今まで会社の慣習や規則に縛られていた優秀な個人に勝てる理由が無くなってきた。


「様々な声を分析した結果、何%がこうでした」という話に終始しても、今の日本製品のように腑抜けたものしか出て来ません。


我々のようなベンチャーが何とかしないといけない。


人通りの多い場所に店舗を構えると、広告と同じような効果を持つ。


皆さん、安いのは好きですが、安っぽいものは嫌いです。


大事な言葉こそ、定義にまでさかのぼって、皆で共有する必要がある。


人間とは環境に左右される生き物であることを認識し、良き師、良き友達との出会いを大切にしましょう。常に良い環境を「選択」するという意識が大事です。


ベンチャー企業には、潤沢なリソースはありません。しかし、実現したい世界のビジョンであれば、大企業にも決して負けないものを持っています。


イノベーションを起こし、この社会を変えることが、ベンチャー企業が存在する意味でもある。


怖いと思うか、チャンスと思うかで、人材の価値は変わってくる。


俯瞰してみれば、そもそも人類史とは、そのはじまりからずっとグローバル化の歴史であり、これが逆行したことはほとんどない。


専門性に乏しい人材の居場所は、今後はものすごい速度で失われていく。


貴重な情報は、常に自分の外、自社の外にあると考える必要がある。


様々な経験をして学んだことは、「正解は誰にもわからないのだから、誰よりも早く動いて、早く失敗して、早く修正する」ということです。これを繰り返せば、最先端にいけるはずです。


イノベーションをなくしては成長できない。


フリービットを創業した際、物事の全てを会議ベースで決めていったのですが、これが間違いでした。ベンチャー企業であるのに、なかなか物事が進まなくてイノベーションが全て止まってしまったのです。


どうしても解決しないといけない問題、その答えが自分の中に無いのなら外に求めるしかありません。そのための読書はとても重要。


人と会う時、1回目は「良い人だ」という情報だけで会いますが、その際にもう一度会いたいと思わせられるかが肝心です。相手が自分の存在を有益だと思わなければ、わざわざ会う理由がありません。そこは両者両得の関係でなければならないのです。


重要な情報を得たければ「giveの5乗」が不可欠。相手にとって有益なことを5回して、初めて重要な情報を1つもらえる。


現在は、「今」必要なものを作ろうとしているベンチャー企業が多すぎます。そうした企業はスピードだけが差別化になりますから、運に頼らざるを得ず、勝ち残れる可能性も低いでしょう。しかし、今後10年にわたって、現在理論化しかされていない技術が次々と実装されていく中で、10年後の世界を考えて取り組めば、今からでも全く遅くはありません。


ユーザーの声を聞くためのしっかりした仕組み、そして、フィードバックに対する確固たる意思決定者(リーダー)の存在は、良質な製品を生み出す上で不可欠。


日記は、その時点での自分自身のスナップショットであり、自らの成長を確認することができます。正解を求めて立ち止まるのではなく「早く動いて、早く失敗して、早く修正」したことを日記に残し、目的に向かって自分が成長しているというベクトルを認識しながら前進しましょう。


難しいことは、分けて考えると、その中には必ず難しくないこともあることが見えてきます。いきなり金メダルは取れなくても、毎日決められた時間だけトレーニングをすることはできるでしょう。


起業家とは、リソースがない中で、自らの描くビジョンを実現しようとする存在です。彼らはヒト、モノ、カネを持たないまま「こういう未来を実現したい」という夢だけを持って走り始めるわけです。延長線上に見えている未来を否定し、あるべき未来に向かいます。要するに「痛快なバカ」なのですが、しかし、こうしたバカが世界を変えるのです。


立ち上がって間もないベンチャー企業が生き残る方法は、たった一つしかありません。それは、「起こったこと」に対して、即座に、大企業よりも早く対応するという柔軟性をフルに活かすということ。


私自身も、これまで「クレイジーだ」と周囲から何度も言われてきたわけですが、それでも自分の掲げた理念を信じ、また同じ理念を共有する仲間に支えられてここまできたのです。


経営資源の最適な配分を行うために最も重要になるのが、未来に関する情報です。どの馬が勝つかという未来情報を知っていれば、どの馬にお金をかければよいか明らかになるように、今後の経営環境がどのようになっていくのかを知っていれば、リソースの配分にも間違えないというわけです。だからこそ経営者は、常に未来に関する情報を探しているのであり、少しでも正確な未来予測を手に入れようとしています。


イノベーションを起こすには、ただひたすら改善を繰り返すような態度とは決別し、この世界のあるべき姿を常に思い描き、場合によっては「クレイジー」な決断を行い、リソースを配分することが必要。


会社とは、特定の理念(理想)を実現するために、人々が集まる「場」です。会社とは、そうした理念にそった価値を生み出す存在であり、他者から資本を預かる限り、成長し続けることを義務づけられています。ここまでは、これまでも、これからも変わらないし、変えてはならないと思います。


会社にとっては、理念の実現こそが目的であり、経営リソース(ヒト、モノ、カネ)は、すべて手段であり、その「あるべき姿」は、コミュニケーション技術の発達とともに、変化していきます。


社長と末端社員といった社内だけでなく、社長と顧客がインターネットを介して容易に「直結」する時代、いくつもの階層によって成り立ってきた20世紀の組織体制が機能するはずもない。


僕は16歳の時から、日記を書き続けています。今日まで25年以上、いくつもの挫折を乗り越えられたのは、たとえうまくいかない時でも、「去年の自分よりは成長している」などと確認できたからだと思っています。


前に進んでいる感覚がなかなか得られないとき、心が折れないようにするために、日記をつけることをお勧めします。日記を振り返り、今の自分と比較することで、少しずつでも日々、進化している自分を確認できるからです。


「これをすれば短期間で効率的に力がつく」というものはなかなかありません。ただ、成長を早めてくれる方法はある。「あえて困難な道を選ぶ」という方法。


選ばれていないのは「成長途上」にいるからです。選ばれるレベルまで一足飛びに成長するなんてことはそうありません。焦らず、腐らずに、力を蓄えることが大切。


ずるをしない人は、困難な状況でも課題に正面から取り組む。そして着実に成長していきます。


重視しているのは「ずるをしない」こと。人は楽をしたがる生き物です。手を抜くなど、「ずる」をする人は、長い目で見ると「成長が遅い」という形でツケを払うことになる。


甘えを断ち切り、やらざるを得ない状況に自分を追い込むためには、人前で「逃げない」と宣言することが重要です。言ってしまったら、なかなか逃げられなくなりますから。


上場して最も変わったのは、世間からの注目度です。従来もIT業界ではある程度のブランド力があったのですが、上場によって投資家の方々の間での知名度も上がってきました。ビジネスに関する問い合わせも増えています。また売り手市場といわれた今年の新卒採用でしたが、優秀な人材が集まってくれました。


中学生の時は、絵が得意な友人、音楽ができる友人を集めてゲームをつくってパソコン雑誌に投稿したこともあります。その時に、一人だと不可能なことも、組織だと可能性が広がることを学びました。


高校生の時に、ソニー元会長の盛田昭夫氏の著書『MADE IN JAPAN』を読んで感銘を受け、「御社に入社して活躍したい」という熱い思いを、手紙にして送りました。しかし返ってきた内容は「君はソニーに来るな。自分で会社を興せ。AVではなく通信の世界に身を投じろ」。当時は愕然としましたが、今になると私の一生を変えたメッセージです。


我々の世界では、継続的に優秀な人材を生み出す事が重要です。例えば、優秀な若者が携帯電話1台で起業して、天才的な能力で市場に参入してきます。我々もその意味で個人を成長させ続けることは重要な課題となっています。


人名ランダムピックアップ


経営・ビジネス・投資・仕事・お金・経済的な分野で成功を収めた人たちの名言を収録しています。

ページの先頭へ