石村賢一の名言 一覧

このエントリーをはてなブックマークに追加

石村賢一のプロフィール

石村賢一、いしむら・けんいち。日本の経営者。ECサイト用レンタルサーバーのEストアー創業。東京出身。日本大学理工学部中退後、アスキーに入社。社長室広報担当・事業開発担当部長、アスキー・エクスプレス取締役企画部長、アスキー・エアー・ネットワーク代表取締役、アスキー・ネット取締役、アスキー・インターネット・サービスカンパニー副事業部長などを務めたのち退社。セコムにてネットワークセキュリティ事業部スーパーバイザーを経験したのち、Eストアーを創業。

どの本が一番感動するかは人それぞれですが、たまたま出会った本や、そこに書いてあるワンフレーズが人生を変えることがあります。そんな出会いがあるからこそ、本は読み続ける価値があるのです。


最近でこそ、年に何十冊も本を読むようになった私ですが、若いころは本をほとんど読まない人間でした。だから、読書が苦手だという若手社員たちの気持ちもわかります。要はとっかかりが必要なのです。


私は社員によく本を配ります。対象は全員であったり、本の内容を見て、読んでほしい一部の社員であったりします。


違うことをやっても必ず成功するとは思いません。ただし、違うことをやらなければ成功しないのは確かです。


多くの人がごく当たり前のことすらも忘れています。たとえば、数年先に地下鉄の駅が開通することが決まっている場所があったとします。オフィスや住宅の引っ越しをする際、その予定を覚えているのといないのとでは意思決定に大きな差が出るでしょう。


毎日遅くまでどっぷり現場に浸かっていたら、外の状況が見えなくなってしまいます。月に一回は会社をさぼって遊べと言っているぐらいです。


ウェブショップなら我が社に、それ以外なら他社に。そう言い切った時点で競合他社はなくなりました。
【覚書き|レンタルサーバー事業で他社との差別化を行ったときの発言】


人名ランダムピックアップ


経営・ビジネス・投資・仕事・お金・経済的な分野で成功を収めた人たちの名言を収録しています。

ページの先頭へ