石村和彦の名言 一覧

このエントリーをはてなブックマークに追加

石村和彦のプロフィール

石村和彦、いしむら・かずひこ。日本の経営者。旭硝子社長。兵庫県出身。東京大学産業機械工学科修士課程修了後、旭硝子に入社。エンジニアリング部設備技術研究所硝子グループリーダー、旭硝子ファインテクノ社長、旭硝子関西工場長、執行役員、エレクトロニクス&エネルギー事業本部長、上席執行役員などを経て、社長兼COO(最高執行責任者)に就任。

同じ商品でも同じお客様でも、喜んでいただけるポイントは常に移り変わるものと考え、その変化をとらえることが重要ではないかと思います。


資料をつくるよう指示されたのなら、上司が望んでいるのは詳細なものなのか、簡単でもいいから急いでいるのかをまず考えるべきです。そうして上司を自分のお客様と考え、ニーズをとらえることを第一にすれば、間違いのない仕事ができるようになるはずです。


ある商品の需要が減って、設備の稼働に余裕があるのなら、その時間を改善のためのテストに充てることもできます。厳しい状況でもそうして力を蓄える時間と考えれば、やるべきことはたくさんあると思うのです。


この厳しい状況でも、研究開発費は削減せずに逆に増額しました。絞ればそのぶん利益を上げることもできるでしょうが、それでは将来の楽しみがなくなってしまいますから。


経営において最も大切だと考えているのは「人は力なり」ということです。会社でも個人でも、日々の成長を意識しなければ、これからの時代に生き残っていくことは難しいでしょう。もちろん弊社としても、事業と社員の成長により一層力を注いでいきたいと考えています。


お客様が最も大切に思っていることを見極めることが大切です。顧客満足が大切なのは言うまでもないことですが、それは何かの指標を基にレーダーチャートをつくって、それを完璧にするということではないと思うのです。たとえば、メーカーでは一般的に「お客様が何よりも重視するのは品質だ」と考えるものですが、必ずしもそうではない場合もあります。私がエレクトロニクス事業の責任者だったとき、「品質はもちろん大切だが、それ以上に納期を優先してほしい」というお客様の声が大きかったのです。


いま、環境問題が世界的なテーマになっていますが、ガラスにおいても地球環境の改善に貢献できる製品がますます求められてくるでしょう。弊社の技術を活かして、そうした新しいニーズに応えていくことで、世の中に大きく貢献できると考えています。


人名ランダムピックアップ


経営・ビジネス・投資・仕事・お金・経済的な分野で成功を収めた人たちの名言を収録しています。

ページの先頭へ