石川理紀之助の名言 一覧

このエントリーをはてなブックマークに追加

石川理紀之助のプロフィール

石川理紀之助、いしかわ・りきのすけ。聖農と呼ばれた幕末から大正時代の農業技術指導者。出羽の国(のちの秋田県)出身。21歳のころに石川家に養子に出される。その後、秋田県庁の勧業課に勤務し、種苗交換会を開催したり、秋田県の農業の土台をつくる。その後退官し、生涯、農家たちの経済的な自立のために尽力した。

井戸を掘るなら、水の湧くまで掘れ。


何事も明日、明日と伸ばしておくときは、千日たっても用は弁せず。事をなさんには、片っ端よりなすべし。


人名ランダムピックアップ


経営・ビジネス・投資・仕事・お金・経済的な分野で成功を収めた人たちの名言を収録しています。

ページの先頭へ