石川朋之の名言 一覧

このエントリーをはてなブックマークに追加

石川朋之のプロフィール

石川朋之、いしかわ・ともゆき。日本のオートバイレーサー、経営者。「HONKI」社長。大阪出身。20歳でバイクレーサーになる。鈴鹿選手権で鈴鹿サーキットコースレコード樹立。全日本選手権参戦。引退後、HONKIを設立。

心がつながっていなければ、人は簡単に離れていく。


自分のライバルは自分。まず自分に勝たなければ。


今は弱い自分が出てきている。それに打ち勝ち、今の状況を脱するためには、その場でもう一度トライするしかない。
【覚え書き|大事故後、つらいリハビリに耐え現役復帰を目指した理由について語った言葉】


いまの学生たちは、世の中が言うほど元気がないわけじゃない。元気もあるし、強い思いを持った子もたくさんいる。チャレンジを生み出せないのは、自分たち大人がそういう姿を見せていないからだと思います。


学生を対象にスタートしましたが、会社に入って元気をなくしたら意味がない。そこで企業も元気にしたい。企業が成長すれば地域が潤う。人の成長を軸に、地域が活性化するサイクルをつくっていきたい。


おそらく、神様が頭を打てと仕向けたんでしょうね。周囲に対する日ごろの行いがあまりよくなかったんでしょう。自分は天才だとか、自分中心に世界が回っているとか。僕がよければすべていいという考えがあったのだと思います。
【覚え書き|練習中の事故で重傷を負ったことを振り返っての発言】


メカニックがミスをする。チームがそういう状態になるのは、すべて自分の考えや行動がつくり出している。


人名ランダムピックアップ


経営・ビジネス・投資・仕事・お金・経済的な分野で成功を収めた人たちの名言を収録しています。

ページの先頭へ