石坂正人の名言 一覧

このエントリーをはてなブックマークに追加

石坂正人のプロフィール

石坂正人、いしざか・まさと。日本の経営者。プリンタ消耗品リサイクルの「ジット」、冠婚葬祭ホール運営会社「ジットセレモニー」社長。山梨県立甲府工業高校建築科卒業後、建築会社、OA関連会社などを経てジットを設立。

人間いつ死ぬか分からない。時間を無駄にしていたら、やりたいと思っていたことを実現できない。


強く願えば、必ずかなう。


仕事、子育て、冠婚葬祭……地域で必要とされるものはできるだけ多く引き受けられるようにしたい。山梨は人口が減少している県ですから、少しでも住みやすく、満足度の高い地域になるようお手伝いをしていきたいと考えています。


ずっとワンマンでやってきたが、それはとんでもない思い違いだった。社員や家族をはじめ、周囲の人々に助けられてきたからこそ、今の会社、今の自分がある。その人たちに感謝し、みんなが幸せになるように力を尽くさなければならない。
【覚え書き|経営危機を振り返っての発言】


従業員は、全員私の家族です。当然能力には差があります。差があるのが、当たり前です。それを、全員で認め合い協力して一層優秀な成績を収めるように努力しようと、お互いに喜んで前向きになってくれることが必要です。それが、社長の役割だと思っています。


能力の違いは、生まれつきですから仕方ない。そして、適材適所に配置しなければなりません。だが、それぞれの能力いっぱいに努力しない者は、上から見ていると分かります。


人名ランダムピックアップ


経営・ビジネス・投資・仕事・お金・経済的な分野で成功を収めた人たちの名言を収録しています。

ページの先頭へ