石原進の名言 一覧

このエントリーをはてなブックマークに追加

石原進のプロフィール

石原進、いしはら・すすむ。日本の経営者。九州旅客鉄道(JR九州)会長。東京都出身。東京大学法学部卒業後、日本国有鉄道に入社。国鉄分割民営化後、JR九州に配属される。取締役就任、常務などを経て社長に就任。九州経済フォーラム会長、九州ニュービジネス協議会副会長、南九州観光調査開発委員会長、九州大学総長選考委員、NHK経営委員(九州代表)、JR九州高速船無給取締役なども務めた経営者。

社員はどうしても企業内の論理やルールなどが先に来てしまいます。そうではなくお客さま視点が原点。


商売はお客さまあってのもの。これを常に言い続けなければなりません。


自分の殻に閉じこもらずに、勇気をもって新たな世界に踏み出せば、必ず活路は見えてきます。


よく人は「運がよかった」「運が悪かった」と口にしますが、運がついてくるのは、攻めの姿勢を貫いている人だけです。腰が引けている人には運はついてきません。


立ち止まらずに常に前進する。そうすれば壁にぶち当たっても解決の糸口を見つけて突破できます。


頑張っているうちに嫌々やっていた仕事も次第に面白くなってきます。努力した結果が業績に表れるから、やりがいを感じるようになるわけです。


社員の仕事に対する意欲を高めるには、自分の働きや意見が経営に反映されて経営に直接参加しているという意識をここの社員に持ってもらうことが必要だと考えています。


当社では新規事業はまず直営で手掛け、軌道に乗ってきたら分社化するという手法をとっています。分社化に伴って権限が増えれば、自分の意思で自由に事業を行えるので、多少失敗はあっても、さらに前進して創意工夫をするようになります。


失敗を恐れていたら国鉄民営化後に手掛けた新規事業が実を結ぶことはなかったでしょう。外食や流通の基本はスクラップ・アンド・ビルドです。「出店して駄目なら撤退すればいい」という思いきりが求められます。失敗に怖気づいていては前に進むことはできません。


今後は九州の外にも事業を広げていかなければ、業績の拡大はいずれストップします。展開する先は、東京をはじめとする日本の都市だけに限りません。海外も有力な選択肢のひとつです。


ビジネスは成長している場所でやるのが原則です。そこで人が絶えず流入して成長を続けている東京で事業をやりたいと思ったわけです。九州にとどまっていては、今後、業績を伸ばしていくのは難しくなります。域外にも事業を展開していかざるを得ないのです。
【覚書き|東京にJR九州の子会社が和食レストランを出店した理由について語った言葉】


九州新幹線の開業に向け、予算の関係で頻繁に上京して国士交通省に出向くなど、多忙を極めていましたが、その合間を縫って現場を訪れ、自ら社員に語りかけました。社員たちの努力のおかげで、いまでは当社のサービスは国内トップレベルになったと自負しています。


全社を挙げて5S(整理・整頓・正当・清潔・しつけ)のような活動を推進するには、トップの姿勢がやはり大事です。「断固として取り組む」と方針を明確にして出すだけではダメです。トップが自らの熱意を示すことが求められます。


社員の中には、「整理整頓や清掃で何が変わるのか」と懐疑的な人も少なくなかったでしょう。しかしやっているうちに、「最近、駅がきれいじゃないの」といった反応がお客様から返ってくる。そうなると、最初は乗り気じゃなかった社員たちも本腰を入れて取り組むようになります。こうした地道な取り組みの積み重ねが当社への信頼を高めてきたのだと確信しています。


私が社長に就任して取り組んだ本業のサービス改善は、特別なことをしたわけではありません。新幹線をもじって「新・感・動・作戦」と名づけて行ったのは、「整理」「整頓」「清掃」「清潔」「しつけ」の、いわゆる「5S運動」でした。駅のホームや構内だけでなく、事務室もこまめに清掃する。笑顔での挨拶を徹底するというものです。


お客さまは列車が遅れたら不愉快になる。これはお客さまの視点にたてば当たり前であることが分かります。天災だから我々の責任ではないではいけない。常にお客さまの立場に立って考える意識を。


東京で生まれ育った私が九州に来て社長になって最初にやろうと思ったのは赤字体質だった国鉄の反省に立って、まずは「お客さま第一のサービスをする」ということでした。これは当たり前のことなのですが、どうすれば1万人の社員がお客さま第一のサービスができるかは、なかなか難しいことです。


我々の使命の一つは地域起こしだと思うんです。我々鉄道事業者は地域の方と一緒になって地域を元気にするために頑張っていかなければならない。


人名ランダムピックアップ


経営・ビジネス・投資・仕事・お金・経済的な分野で成功を収めた人たちの名言を収録しています。

ページの先頭へ