石原壮一郎の名言 一覧

このエントリーをはてなブックマークに追加

石原壮一郎のプロフィール

石原壮一郎、いしはら・そういちろう。日本のコラムニスト、雑誌編集者。三重県出身。埼玉大学教養学部卒業。学生時代にサークルを立ち上げつくったミニコミ誌が話題となり、月刊誌『QA』の編集者となる。そのほか複数の雑誌編集に携わった。著書に『大人養成講座』『親父力検定』『大人力検定』ほか。

「そういうものだ」と心の準備があれば、受け止めることができる。不測の事態にオロオロしないのが大人のたしなみ。


謝るというのは屈辱的で、非生産的な行為に見えますが、謝罪をきっかけに仲がよくなったり、謝りっぷりで評価が上がることは、どんな仕事にもあります。


謝罪するときは、相手の怒りを逸らしたり、頭を下げる時間を短くするテクニックも必要かもしれませんが、できれば信頼を築き、後々の仕事に繋げることこそ目指したいものです。ミスは必ず起きるもの。謝りにいくのは一石何鳥にも値するようなチャンスだと、役職者は張り切って謝りにいってほしいですね。部下からの信頼も得られます。


男性に謝罪するときは、できれば「寛大に許してやる俺って、なんてできた人間だろう」「そろそろ許したほうが株は上がるんじゃないだろうか」という気持ちに誘導しましょう。「○○さんが担当で本当によかった。ほかの人ならこうはいかない。ご恩は決して忘れません」と相手が特別だと持ち上げることも忘れずに。


男性には、会社のエネルギーの使い方で誠意を見るという傾向がるので、大勢で謝罪に行くのも効果的です。当然ですが、部下が起こしたミスも、「自分の管理責任です」と潔く謝りましょう。「この人も立場上、大変だな」と感じてもらうのが有効です。


謝罪相手が男性の場合。男性は総じて怒りの持続力がそれほど長くありません。立場上怒らなくてはいけない役割を演じている部分も大きく、事態の収拾方法、落とし所を考えながら怒っているので、こちらも謝りながらも、冷静にそのベクトルを探っていきましょう。


女性に謝罪するときに相手が取り乱していたら、まずはその怒りを肯定してください。「お怒りはごもっともです。○○さんの感情を害してしまって、本当に申し訳ありません」とひたすら謝りましょう。そして相手に言いたいことを全部吐き出してもらいます。何度同じことを繰り返されても、「それはさっき聞きました」などと口が裂けても言ってはいけません。謝りながら、なんとか相手を褒めるポイントを見つけてください、「そこに気づいていただけるのは○○さんだからこそ。ご指摘いただき非常にありがたいです」と相手を持ち上げ強がら事態の収束を図ります。泣き出されてしまうこともあるかもしれません。そういうときはひたすら共感作戦です。「あなたのおっしゃることはまさにその通りだ」と仲間意識を醸し出す方向での対応が効果的です。


ウソは社会の潤滑油でもありますが、グローバル化が叫ばれる昨今、若者がウソの使い方ばかり上達してもニッポンのためになりません。安直なウソをつくと痛い目に遭うと教えてあげるのも大人の優しさです。


人名ランダムピックアップ


経営・ビジネス・投資・仕事・お金・経済的な分野で成功を収めた人たちの名言を収録しています。

ページの先頭へ