相原孝夫の名言 一覧

このエントリーをはてなブックマークに追加

相原孝夫のプロフィール

相原孝夫、あいはら・たかお。日本の人材・組織コンサルタント。早稲田大学大学院社会科学研究科博士課程前期課程修了。マーサージャパン副社長などを経てHRアドバンテージ社長に就任。著書に『ハイパフォーマー 彼らの法則』『チームを活性化し人材を育てる360度フィードバック』『会社人生は評判で決まる』『仕事ができる人はなぜモチベーションにこだわらないのか』。

「この人なら昇進しても文句ない」と周りが納得する人であることも大切。これは、仕事の実績はもちろんですが、その人の人柄が重要となります。


評判が良い人は、役職や実力、年齢などに応じて自分の役割を良く理解しています。それは他者の立場も理解できることの裏返し。相手が専門外であれば専門用語以外のわかりやすい言葉で説明したり、相手の余裕があるタイミングで話しかけたりするなどの配慮ができる人です。


評判が良い人とは、部下を叱らなかったり、ジョークや自己アピールが上手だったりする人ではありません。それはただの「いい人」や「面白い人」にすぎません。ましてや他の人の顔色ばかりうかがっていると逆効果になります。職場での人望とは、あくまで仕事に取り組むプロセスから生じます。


日頃から身近な人を気遣い、支援をしている人は周囲との関係が良くなります。すると日々のモチベーションを高く維持でき、困ったときに助けてもらえたりして仕事の生産性も上がり、成果が出やすくなるという好循環が生まれます。そうすることでチームの雰囲気が良くなり、自然と評判も評価も伴います。


会社は利益を追求する組織といえども、その中にいるのは感情のある人間です。「この人が言うなら本気でやろう」と思うのが人間の心理。結果を出し、昇進するために、取引先や上司ばかりを大切にする人がいますが、まずは周りの人を、関心を持ってよく見ることが先決です。


ひとつの仕事を進めるときも、結果至上主義でなく、根回しや相談などのプロセスも重視し、労をねぎらうフォローや報告も惜しまない。つまり、自己理解に加え、他者理解ができている――この二つができている人は、おのずと「あの人はできる」「頼りになる」と良い評判を得ることになります。


昇進や昇格など重要ポジションの決定ほど「評判」が大きくモノを言います。その理由は、立場が上がるにつれて「人をマネジメントする」業務の比重が高まるためです。


「仕事はできるが人望はない」。一度そうした評判が立ってしまったら、その組織での昇進は厳しいものとなるでしょう。なぜなら、企業における重要な人事決定は「評価」ではなく「評判」で決まると言っても過言ではないからです。


人名ランダムピックアップ


経営・ビジネス・投資・仕事・お金・経済的な分野で成功を収めた人たちの名言を収録しています。

ページの先頭へ