白井俊之の名言 一覧

このエントリーをはてなブックマークに追加

白井俊之のプロフィール

白井俊之、しらい・としゆき。日本の経営者。「ニトリ」社長。北海道出身。宇都宮大学卒業後、ニトリに入社。複数の店舗で店長を経験。常務、専務などを経て社長に就任。

改革なき拡大はただの膨張。改革を重ねつつ会社が大きくなるのが本物の成長だと考えている。


買ってくれるということは、お客様が財布からお金を出して投票してくれたということ。


目の前に重い荷物と軽い荷物があったら、重いほうの荷物を運ぶ。簡単な道を行くより難しい課題に取り組む選択をしてほしい。


優秀な人材ほど幅広い仕事を経験してほしいので、特にローテーションは重要だと考えている。


事業計画の遂行には強い組織が必要であり、そのためには人材の質と量が問われてくる。人づくり、組織づくりに最も力を入れていきたい。


30代後半で店舗全体のマネジャーを務めていた頃、自分から減給を申し出たこともある。いくつかの店舗で「残業が多い」という理由で辞める人が出て、一部にサービス残業があることもわかった。薄々感じていたけれど黙認していたことを、責任者として罰せられるべきだと思った。ケジメをつけてから、改革は進めようと思った。その後は退職者が目に見えて減り、今では流通業でもかなり低い退職率を誇っている。


自慢にならないが、始末書や減給の数はおそらく社内で一番。売り場にいた頃から失敗は多かった。数十万円のオーダーカーテンが寸法間違いで使えなくなり、あとで数百円のクッションカバーになったこともある(笑)。そうやって上司から叱られながらも、ひとつひとつ仕事を覚えてきたのが自分の強みだと思う。


人名ランダムピックアップ


経営・ビジネス・投資・仕事・お金・経済的な分野で成功を収めた人たちの名言を収録しています。

ページの先頭へ