畠山襄の名言 一覧

このエントリーをはてなブックマークに追加

畠山襄のプロフィール

畠山襄、はたけやま・のぼる。日本の通産官僚。ジェトロ(日本貿易振興会)理事長。東京出身。東京大学法学部卒業後、通産省に入省。ジェトロ・シカゴ事務所次長、通商産業省航空機武器課長、内閣総理大臣秘書官、通商産業省産業政策局総務課長、通商産業大臣官房総務課長、資源エネルギー庁石油部長、通商産業省貿易局長、基礎産業局長、通商政策局長、通商産業審議官、ジェトロ理事長、国際経済交流財団会長などを歴任した。著書に『通商交渉 国益を巡るドラマ』。

国益がぶつかり合う交渉で、やはり大事なのは論理です。論理の通った話は相手にも通じるものです。


こちらが毅然とした態度で臨めば、相手が米国であっても何とか対抗できるのです。
【覚書き|通産官僚としてアメリカとの交渉を担当した当時を振り返っての発言】


人名ランダムピックアップ


経営・ビジネス・投資・仕事・お金・経済的な分野で成功を収めた人たちの名言を収録しています。

ページの先頭へ