甲田英毅の名言 一覧

このエントリーをはてなブックマークに追加

甲田英毅のプロフィール

甲田英毅、こうだ・ひでき。日本の経営者。「東計電算」社長。東京出身。早稲田大学社会科学部卒業後、東計電算に入社。経理課長、経理部長、取締役、常務執行役員、中国法人社長、専務執行役員、副社長などを経て社長に就任。

当社は、お客さまの要望をお聞きすることから仕事を始めます。まず、お客さまありきなんです。


良い言葉ではないのですが、我々はいわば「武器商人」なんです。企業の競争の中で、お客さまに最適の武器を提供していくことが使命なんです。武器商人が最新の武器を知らないということがあってはいけません。


当社のシステムが多くの企業のシステムと連携できていることで、関係する各社が当社のシステムをお客様に勧めてくれるという現象も起こっています。


お客さまの業種別に組織を作っています。ひとりの人間が1つの業種をずっと担当することで、ノウハウが蓄積されていきます。打ち合わせも、業界の特性や用語を理解しているからスムーズです。


ソフト開発の生産性の悪化は、プロジェクト管理の失敗、甘さにあります。プロジェクト管理のセオリー、教科書に書いてあるようなことができていないという点に尽きます。この改善を、あらためて徹底していきたい。


IT業界では、技術の陳腐化が急激な速度で起こります。戦国時代に最強だった騎馬隊が、鉄砲の登場でその優位性がひっくり返されてしまったことと同じようなことが、IT産業では過去に何度も起こっています。我々が新しい武器をどう活用するか、どうすればお客さまの利益を生み出すせるかを提案していく、これが新たな市場を生み出すことにつながります。これが続く限り、業界が古くなってしまうことはないと思います。


人名ランダムピックアップ


経営・ビジネス・投資・仕事・お金・経済的な分野で成功を収めた人たちの名言を収録しています。

ページの先頭へ