田尻邦夫の名言 一覧

このエントリーをはてなブックマークに追加

田尻邦夫のプロフィール

田尻邦夫、たじり・くにお。日本の経営者。スポーツウェアメーカーのデサント社長。山梨県出身。慶應義塾大学経済学部卒業後、伊藤忠商事に入社。入社8年目に繊維担当としてロンドンに赴任。日本の繊維を英国企業に売り込む仕事をゼロから一人で立上げ成功させる。その後帰国し、取締役アパレル部門第一部部長、常務などを務めたのち、デサントに顧問として移籍。副社長を経て社長に就任。そのほか錢高組監査役なども務めた経営者。

与えられた仕事の範囲内にこだわらず、自分が良いと思ったことをやってみてください。組織との軋轢もあるでしょうが、最終的に評価されるのはそういう人です。


すべてを全部一人でやるのですから、猛烈に忙しかったのです。でも、日ごとに商売が大きくなっていくのが楽しくてしょうがなく、寝る間も惜しんで働きました。
【覚書き|伊藤忠商事ロンドン駐在員時代、日本の生地を英国企業に売り込む事業を一人でゼロから立ち上げた当時を振り返っての発言】


せっかく海外に出たのに、期待されていないからといって、何もしないのはもったいないですよね。たとえ商売にならなくても、何か大きな取り組みをしたかったのです。
【覚書き|伊藤忠商事社員時代、30歳で繊維部門の担当者としてロンドンに駐在したときを振り返っての発言。当時この役職は閑職だった。そこで田尻氏は日本の生地を英国の会社に売り込んでいった】


人名ランダムピックアップ


経営・ビジネス・投資・仕事・お金・経済的な分野で成功を収めた人たちの名言を収録しています。

ページの先頭へ